攻撃は守備から始まる

今日は、

「失敗の数」

というお話をします。

なんか
ネット起業家がよく言うような
『マインド的な』話でしょうかね。

ここ最近は、
あるブログサイトを
中心に運営してました。

まあ、無料ブログなのですが、
そのブログ内のランキングがあり、

僕のブログが
常に全体の10位以内に入ってます。

開設して1ヶ月も
経ってないんですけどね。

これを1日の
朝と夜に集中して
色々作業してました。

だからメールが書けませんでした。

というまた言い訳(^_^;)

で、
かなり自分で作業してみて
色々見えてきた事があります。

僕って仕事には効率を
すごく求めます。

「効率を求める」
「効率化する」

って具体的に
どういう事なんでしょうね。

僕はつまりは

「無駄を削除する」

という事だと思ってます。

企業というのは
売上を上げる事も大切だけど、

最終的には
利益を上げる事が大切ですよね。

これは経営者によって
手法が変わってくる事なのですが、

売上を上げて利益を上げるか
コストを下げて利益を上げるか。

これはどちらも正解で、
やり方の違いなだけです。

ただ、僕が最近思うのは、

売上を上げるのも
コストを下げるのも

結局は
『やり方』も一緒なんだと。

最近僕が無料ブログを運営していて、

アクセスを集める方法を
模索してました。

で、あるメガサイトへの
露出方法を発見してから、

そこに集中して
仕組みを作ってました。

そこでまずは、
作業量を増やします。

例えば露出する枠が
5つあるとします。

その5つの枠を独占するために
作業量を増やしてやってみるのです。

5つ独占した場合は、
間違いなく最高のアクセスを集めると
予想できますよね。

でも、実はあまり
アクセス数は変わらなかったのです。

その原因を調べてみたら、

1つの枠からのアクセスが
ほとんどを占めていたのです。

その5つの枠は
ランキング形式になっており、

つまりは
1位の枠からのアクセスが
大半を占めていたという事です。

このデータから判断すると、

1位の枠さえしっかり確保すれば、
アクセスを集める事ができる。

逆に、
2位~5位の枠は
捨てても良いという事です。

2位~5位の枠を確保するための
作業量も結構かかってました。

なので、
その枠を捨てれば

その作業量をカットする事が
できますよね。

そうすると、
1位の枠を確保するためだけの
作業量で済みます。

さて、ここからです。
大事なのは。

作業量をカットする事ができたら、

その分作業量を
増やす事ができるという事ですよね。

コストを下げると
売上を上げる作業量を
増やすという事に直結するのです。

だから
コストを下げるのと
売上を上げるのは同じであり、

順番で言えば
コストを下げる事から始まると思います。

コストだの売上というと
ピンと来ないかもしれませんね(^_^;)

僕は経営は
スポーツの攻撃と守備と
一緒だと思ってます。

あ、そういえば最近、

スラムダンクをYouTubeで見つけて
また感動して泣いてました(^_^;)

その例え話を使いましょうか。

最強の敵
山王工業との試合で、

一時は20点ほど
離された時がありました。

みんなが諦めかけてた時、
安西監督が桜木に指令を出します。

その指示はこう。

「ディフェンスリバンドを取り、
 シュートを決める。」

僕もうる覚えですので
ザックリですよ(^_^;)

これはどういう事かというと、

桜木のリバウンド力は
相手の+2点を奪う働きだと。

相手がシュートを打ち、
外れた時、

リバンドまで取られて
そのまま点を入れたら2点です。

でもそこで、
リバンドを桜木が取れば、

本来敵が入れるはずの
2点がなくなるので
-2点の働きとなります。

そして、
そこから攻撃に切り替え
そのまま点を入れれば+2点。

つまり桜木は
合計4点分の働きをすると。

こうやって安西監督は
桜木の気持ちを高ぶらせるのです。

これも同じじゃないですか?

要するに守備を強くさせると
自然と攻撃も強くなるという事なんです。

だからどんなスポーツでも
監督の多くは守備から徹底させます。

相手が守備をしてる時に
攻撃をするよりも、

相手が攻撃してきてる状態を守り、
そこから切り替えて攻撃する方が、

チャンスになりやすいので。

これと一緒なのです。

余計わかりづらかったかな(^_^;)

要するに仕事というのは、

いかに無駄を削除するか。

無駄がなくなればなくなるほど
時間が増えます。

やるべき仕事の時間が増えるのです。

無理にその時間を
増やそうとしなくても

無駄な時間を減らせば
自然と増えるという事です。

そしてその無駄を見つけるのは

作業量と作業時間を増やすという
一見、矛盾してる関係にあるのです。

このバランスですね。

全てが繋がり、
連動していると思います。

そんな事を最近は
考えるようになりました。

自分なりにガッツリ仕事してるから、
そういう視点になるんですよね。

無駄な時間を見つけるために
無駄かと思われる作業量をこなす。

参考にしてみてください!

今日の記事が、「いいね!」と思ったらクリックお願いします☆

数々の有名社長をゴボウ抜きして
僕は社長じゃないのに(笑)現在第●位です ⇒ 

ステップメール特典の危険性

さてさて、今日は

「考える事を止めてはいけない」

そんなお話です。

僕はいつも
教育の視点でビジネスをしています。

以前も情報発信3ステップの
お話をしましたよね。

伝達、教示、教育。

それぞれ違っていて、
最終的に教育をできるようにすると。

人を育てさせる事ができると、
お互いにメリットがあります。

こういうメールでもそう。

だから常に、
教育の視点で書いてます。

では、どういう時に

教育の視点を意識するか?

それは
「考える事を止めてはいけない」

それを強く意識してます。

相手を育ってもらおうと。
相手に教育しようと。

そう思っても、

相手が考える事を止めてしまっては、
それは教育とはいえないと思います。

よく、
アフィリエイトの時の
特典であったり、

コンサルのカリキュラムの中に、
結構そういうのが多いと思います。

その特典って、
すごく魅力的だけど、

その特典をもらっちゃうと、
考える事を止めちゃうよね。

って。

だからそれは、

販売側にとっては、
ただ売上を上げるためのものなんです。

そこには、

「相手に対しての教育」

というものはありません。

ただただ仕掛けているだけ。
メリットは販売者のみです。

つまり、

「なんて魅力的なんだ!」

と思って買う人というのは
ただ単に、仕掛けられてるだけ。

その人にとっての
メリットは無いんです。

やはり成長というのは
「考える事」で加速すると思います。

どうやったら上手くいくのだろう・・・

なんで上手くいかなかったんだろう・・・

なんでアイツは上手くいうのだろう・・・

こうやって考えて、
自分なりの手法を見つけていくのです。

そこにはもちろん、
周りの協力というものは必要ですが、

周りにレールを引いてもらうものでは
ありませんからね。

なぜこんな事を言うか。

僕は先日ある経験をしました。

その経験とは、

セミナーに参加したのです!

・・・

大した経験ではないですよね(^_^;)

でも僕は、
ネットビジネス系のセミナーというのは
実は初めてだったんです。

しかもこの業界では超有名人の。

そこでビックリしたのが、
セミナー後半にセールスされたのです!

これ、結構当たり前らしいですね。
この業界では。

要するに、
セミナーというのは、ただの入口で、

本当の狙いは、
そのセールスだったんです。

まあ、よく言われてる

フロントエンドだの
バックエンドだのっていう、

それです。

セミナー代は1万円、
そのセールスは50万円。

もちろん手法としては正しいので、
別にとやかく言うつもりは無いのですが、

あそこまで
あからさまにするもんなんですね(^_^;)

ちょっとビックリしちゃいました。

僕自身は、

そのセミナー内容を
純粋に学びたかったんです。

もちろんバッチリ学びました。

でも、
その後半のセールスというのが、

セミナー内容をパッケージ化したものを
特典にしてたんですね。

本来であれば、
そのセミナーで学んだ内容を、

家に帰って、
自分なりに実践してみるものです。

あーでもないこーでもない
って言って、

自分で色々考えてみるわけです。

でもそのセールスの特典は、

「その考えを止めていいですよ。
 この特典に全部詰め込みました。」

というようなものなのです。

で、僕がもっとびっくりしたのが、

その時のみんなの反応。

「お~!
 なんという魅力的な特典なんだ!」

って。

ん~、、、

なるほどね。
こういう事か。

って僕は、
なんかわかってきましたね。

色々なものが(笑)

まあ、僕にとってはいい経験です。

具体的に一つ例を出すと、
ステップメールですね。

これって、まさに

自分で考えて
作るものじゃないですかね。

ステップメールを特典にしてる人って
結構多いじゃないですか。

これ、販売側も購入側も
しっかり考えるべきですね。

購入側の意見として、

確かに
魅力的な特典だと思います。

ただ、なぜ魅力的なのか。

もしかして、

そっくりそのまま使えるから?
だから魅力的だと思ってます?

だとしたら危険です。

それ、
考える事を止めてますよね。

成果の出てるステップメールの
一連の流れをパクる事ができる。

これが魅力だと思うのならオッケー。

そこから、
自分なりに考えるのです。

なぜこういう流れなのか。
なぜこういう言葉を選んでるのか。

販売者側もそう。

ただ単に仕掛けたい。
ただ単に売上を上げたい。

そう思ってるのなら
まあ、別にそれでいいです。

ステップメールを特典にすれば、
間違いなく売上は上がるでしょう。

でも、もしそこに、
購入者の教育を意識してるのなら、

それだけでは危険です。

購入者は考えを止めるから、
教育できません。

であれば、
ステップメールの作り方、考え方を
まとめた資料を作るとか。

ステップメール解説講座を開くとか。

ここまでしないと、
ステップメールの特典というのは
教育できませんよね。

どうでしょう。

教育を意識すると、
一つの特典でも違いが出てきます。

だから自分なりの
新しい特典だって出来てくると思います。

教育を常に意識しましょうね。

今日の記事が、「いいね!」と思ったらクリックお願いします☆

数々の有名社長をゴボウ抜きして
僕は社長じゃないのに(笑)現在第●位です ⇒ 

露出の法則を見抜く

今日はちょっと
抽象的な話をします。

僕って、抽象的な話って、
あんま好きじゃないんですよね。

もやっとして終わりみたいな。
夢物語で根拠がないようで。

ただ、今日はあえて
抽象的な話をします。

抽象的というのは
「ヒント」であって、

具体的というのは
「答え」だと思います。

「具体的な話」を聞けば
それはもう答えのようなものなので、

そのまま実践するか、
ちょっとアレンジしてやれば、

すぐに成果が出ますので。

でも僕は、
あえて抽象的にすることで、

「答え」は自分で導いてほしいと
今回の話は思ってます。

「もやっ」としたままで終わらせるか、

「なるほど!」とひらめくか。

これは自分次第という事ですね。

実は僕は昨日、

「ある発見」をしました。
「ある法則」を発見したのです。

この法則を見つけると、
カンタンに成果に繋がります。

僕が毎回言っているのが、

ビジネスは
「集客」して「収益化」するものです。

そのために

集客する方法と
収益化する方法を

学ばなければいけません。

これは区別する必要があります。
同じものではありませんので。

で、インターネットビジネスを使うならば、

「収益化する方法」というのは
実は非常に絞られてきます。

大きく2つです。

広告収入か
自ら販売するか

この2つです。

これのみです。

2つしかないので、
どちらもできるようにしておくべきです。

広告収入というのは
アドセンス広告。

楽天アフィリやYahooアフィリのように
長期クッキーを狙ったものもそうでしょう。

クリックして課金される仕組みです。

自ら販売するというのは

有形でも無形でも
サービスを自分が伝えて買ってもらう
というものです。

これには『個人』の魅力が
必要になってくるので、

人によっては時間がかかります。

では、広告収入というのは、

基本、アクセスが増えれば、
比例して収益も増えます。

つまり、広告収入の場合は、

集客する方法が
非常にポイントになってくるわけです。

では、集客する方法とは?

これはですね・・・

人が集まる場所に
いかに露出するか。

これに尽きます。

渋谷のスクランブル交差点って
人がすごく集まってますよね。

人混み嫌いの僕は行きませんが(^_^;)

あそこに
デカデカと看板を置いたら、
当然多くの人が見るわけです。

さあさあ、
ここからが大事です。

「人が集まる場所に露出する」

というのは

その場所において、
実は必ず法則があります。

この法則がわかると、
その法則に沿った仕掛けをすれば、

必然的に露出が増えます。

ネットで言ういい例が
GoogleやYahooの検索です。

『アルゴリズム』とも呼ばれてます。

ネット検索において、

このアルゴリズム(法則)が分かり、
それに沿って仕掛けをすれば、

検索上位にして露出が増えます。

これがSEOですよね。

でも、最近は
SEOだけが、

露出を増やす方法ではないのです。

ここから自分で考えてみましょう。

どこに人って集まってますかね?

フェイスブック?
ツイッター?
アメブロ?

ちょっとそういう
偏った概念を捨てましょう。

そもそも僕らは
まず何を見てます。

PC?スマホ?

それを立ち上げたら、
何を見ます?

その一発目の画面が
最も人に見られてる場所です。

そんな場所に
何故かやたら目に付くコンテンツがありません?

ここです。ポイントは。

そのコンテンツって
どうやったら載せられるんですか?

有料だったら
お金払えばよいわけです。

大金でしょうけど(^_^;)

でも、無料だったら?

何か法則がありますよね。

その法則って何?

こうやって
ちょっと深く掘ってみてください。

意外に

『無料』で

しかも僕らのような『素人』で

かつ『個人』レベルで

露出できる法則になってます。

こうやって
人が集まる場所に気づく。

そして露出ポイントの
法則を見抜く。

この意識を持って、
ネットを見てください。

ネットサーフィンだって
こういう意識でやってれば、

結構見つかると思いますよ。

今日はこんな感じで
あえて抽象的な事しか言いません。

ここからの答えは
自分で探してみてください♪

今日の記事が、「いいね!」と思ったらクリックお願いします☆

数々の有名社長をゴボウ抜きして
僕は社長じゃないのに(笑)現在第●位です ⇒