消えたアメブロメッセージ機能

スギちゃんが退院したようですね。
入院中のブログ更新が好評だったとか。

$起業家じゃないのに起業家よりも起業家的なライフスタイル

これもある意味、
業界の常識を覆しましたよね。

露出をしていないのに人気を保つなんて。
SNS(ブログ)の有効活用です。

そういえば昨日、
ふらっとアメブロの読者登録を見たらこんな画面になってました。

$起業家じゃないのに起業家よりも起業家的なライフスタイル

読者登録する際のメッセージ機能が無くなったんです。

だから、僕に読者登録してくれた方々のメッセージがないから、
画面のようなただただ名前が羅列されてるだけになってしまったんですよね。

これは実に寂しい事です。。。

PDCAサイクルってありますよね。

これはビジネスに限らず、
広く人生においても大事な考え方です。

Plan(計画)

Do(実行)

Check(確認)

Action(行動)

全てはこれです。

まず計画を立ててやってみる。
その結果を検証する。
そしてまた別の方法でやってみる。

この繰り返しというわけです。

このサイクルの中で、
ビジネスにとっての『検証』というのは

『お客さんの声』だと思います。

これは本当に貴重な意見なわけで、
ビジネスで成功したければ、
とにかくお客さんの声を聞く。

あるいは声を聞く仕組み作りが必須です。

たとえばアメブロのようなSNS。

これはユーザー通しの交流が活発に起きているので、
意見をもらいやすいですよね。

さっきの読者登録の
メッセージ機能なんてのはまさにそう。

あのメッセージで、
自分のブログに対しての感想を書いてくれる方がたくさんいます。

「非常に勉強になるので読者登録させていただきます。」
「とても役立つ情報なので読者登録させていただきます。」
「大変興味深い内容なので読者登録させていただきます。」

このへんの言い回しは、
どっかのノウハウのテンプレでしょうけど(笑)

でも、たとえば僕だったら、

「自分で男前って言うのはスゴイですね。」
「『自分物語』感動しました。」
「メッセージが気になったのでブログに来ました」

などなど。
このへんは本当の感想なんだと思います。

これってまさにPDCAサイクル。

僕は、そもそもアメブロに関しても
綿密なPlan(計画)があります。

読んでいただいた人に
どういう感情を持って欲しいか。

明確にしてあります。

そしてあとはこのサイクル。

Plan(計画)

Do(実行)

Check(確認)

Action(行動)

メッセージでの感想は、
自分の計画に対しての確認です。

計画通りなのか
自分が見て欲しいコンテンツを
しっかり読者が見てくれているか。

そうやって常に検証しながら、
コンテンツに磨きをかけていく。

ホントこの繰り返し。
終わりがないけど、楽しいですよね。
より良いものが生まれ続けるので♪

そう、
だからもう・・・

なんで・・・

なんでこの機能無くなったんだ(T_T)!!

・・・

ま、別の方法を考えますか(^_^;)

なんだかんだで
僕もスギちゃんのブログ、
ずっと見てましたよ(^_^;)

もちろんタレントには
いろいろなキャラがありますが、

こうやってブログを使いこなすのは、
本当に上手かったと思います。

露出命ですからね。
タレントさんは。

それにスギちゃんなんかは
一発屋か、継続するか、
非常に大切な時期での離脱でしたから。

ま、よかったよかった(ノ´∀`*)

ではまた☆

今日の記事が、「いいね!」と思ったらクリックお願いします☆

数々の有名社長をゴボウ抜きして
僕は社長じゃないのに(笑)現在第●位です ⇒ 

具体的な収入の増やし方は、無料メールレターでお伝えしています。

アメブロは何かと規制が厳しいので(笑)
コチラでは色々なお得情報を発信してます♪

⇒ 『業界No.1男前(自称)が届けるトゥルーライフ実現メールレター』

9月25日読者数&成長語録

■本日の読者数

本日のアメブロ読者数は
1261人です。前日比+17人!(前日1244人)

$起業家じゃないのに起業家よりも起業家的なライフスタイル

いつもありがとうございます☆
※注:この読者増の方法の詳細が知りたい方はメッセージをください♪

■本日の成長語録

$起業家じゃないのに起業家よりも起業家的なライフスタイル

マニュアルで“やる気”までは教えられない。

今日の記事が、「いいね!」と思ったらクリックお願いします☆
↓↓↓

説明と結果が全て

そういえばYOUTUBEサーフィンしてたら
気になった動画がありました。

この前のサッカー日本代表vsイラクの
まあ、討論会みたいな番組です。

で、
6分10秒あたりからセルジオ越後が話し出すのですが、
8分24秒から衝撃発言をします。

とりあえず8分24秒だけ見てください。

・・・

見ましたか?

「作戦は完全にジーコの勝ち。結果は日本が勝った!」

どや顔でww

これが俗に言う『迷言』ってやつですよね。

ではでは、
今日は説明と結果についてお話しします。

僕は物事をとにかく
『終わり』から考えるようにしてます。

『終わり』というのは、
目指すべき目標や結果ですよね。

『終わり』を達成するために、
逆算しながら『始まり』を組み立てていくのです。

世の中の全てのことを
こうして考えて行動してます。

最近、この重要性を
ビジネスの世界でたびたび痛感します。

「ビジネスでうまくいくのって何だろう。。。。」

ってふと考えます。

そこで思うのは、

『説明』と『結果』。

この2つです。

『結果』に関しては説明不要ですよね。
要するに結果が全てという事。

目指すべき結果を手に入れれば良いわけで、
結果を最優先に組み立てる。

そして、
その組み立てるというのは、
つまりは『説明』によって組み立てられるんですよね。

ビジネスというのは、

『人』の
心が動き、
体が動き、

そして
お金が動きます。

その先に『結果』が生まれます。

ではどうやって
心が動き、体が動き、お金が動くのか?

その要所要所に『説明』があります。

『説明』を噛み砕くと、
セミナーのような大衆向けの説明もあれば、
1対1もあります。

また、
こうして顔が見えないメールであったり、
電話もあります。

言葉にしたり文章にしたり、
あるいは資料にして絵で説明する場合もあります。

これら全て『説明』です。

だから、当たり前なのですが、
『説明する力』を磨く必要があるのです。

そしてそれは、
『人が動く説明』でなければいけません。

こうやって逆から考えると当たり前ですよね。

でも、
この当たり前ができてない人や企業が多いのです。

自分もコンサルとして、
企業に入る場合がありますが、
そういうシーンをよく見かけます。

特に経営者にとって『説明力』は必須です。

中には説明するのが苦手な経営者もいます。
その時点でかなり不利であるということを自覚しなければいけません。

しかし、当然、得意不得意があるので、
最悪、仕方がないとします。

であれば今度は、
自らの説明力を磨く努力をすることと、
別の人間にそれを任す。

この2つを同時並行でやらなければいけません。

個人でインターネットビジネスをやるのであれば、
メールで説明する力は必須です。

ただ、
最終的には『結果』が全てだということを忘れないように。

どんな上手いプレゼンしようが、
下手くそなプレゼンしようが

人が動くという『結果』をもたらした方が正解なのです。

だからこそ、
最優先するのは、結果なんですよね。

結果からの逆算の思考は絶対なわけです。

さきほどのセルジオ越後のように、
作戦が良くても結果的に負けたら意味がありません。

もちろん
今回のような相手の作戦をしっかり受け止めて、
次回は柔軟に対応できるようにしなければいけませんが。

『終わり』を最優先に考えること。

こちらの記事でも書いたように、
まずは感情に訴えられるようなメールを書けるようにしましょう。
関連記事:『売る』は『NGワード』

まあでも、
さっきのような討論番組は僕は好きです。

僕もこうしてメールで
他人のことをああだこうだ言ってるようなもんですからね。

そういう人達の中には、
当然辛口キャラというのもいます。

ただ、その辛口の内容が
的を得ている必要があります。

「辛口をする事が目的」となっている時点で
もう存在の意味がありません。

辛口というのは
あくまで他人とは違った視点での意見。

辛口であろうが
甘口であろうが、
発言する内容に質を上げるのは
当然だと思いますね。

ではまた(^O^)

今日の記事が、「いいね!」と思ったらクリックお願いします☆

数々の有名社長をゴボウ抜きして
僕は社長じゃないのに(笑)現在第●位です ⇒ 

具体的な収入の増やし方は、無料メールレターでお伝えしています。

アメブロは何かと規制が厳しいので(笑)
コチラでは色々なお得情報を発信してます♪

⇒ 『業界No.1男前(自称)が届けるトゥルーライフ実現メールレター』

9月24日読者数&成長語録

■本日の読者数

本日のアメブロ読者数は
1251人です。前日比+25人!(前日1226人)

$起業家じゃないのに起業家よりも起業家的なライフスタイル

いつもありがとうございます☆
※注:この読者増の方法の詳細が知りたい方はメッセージをください♪

■本日の成長語録

$起業家じゃないのに起業家よりも起業家的なライフスタイル

伝統は、今活き活きして(こそ)伝統。

今日の記事が、「いいね!」と思ったらクリックお願いします☆
↓↓↓

年収の限界値を知る

土日は友人の結婚式に参加してきました♪
結婚式で久々に大事学時代の友人と会いました。

そこで、
なつかしみながら昔話をしたり、
現状報告的な話をしたりします。

そういう話をすると、
やっぱ東京とは別世界だな。と思ってしまいます。

結婚式は北陸の田舎で行われて、
僕の友人は大体西日本で暮らしてます。

東京なのは僕だけでしたね。

僕が大学卒業して上京した時に、
ビジネス面で驚いたのはこの部分です。

東京の大学に通っていた人達は、
もう既にビジネスをしているんですよね。

これは本当にビックリした。

実際に会社を設立していた者もいますし、
サークル活動などで、
「ビジネスみたい事」もやっています。

それだけで、僕ら何もしていない人間とは、
社会人1年目では、
大きな差ができた状態からのスタートになります。

もちろん、意識の高い人間は
東京以外の地域にもいますが、

その中でも東京はやっぱ別世界だと思います。

個人の差はありますが、
これは完全に環境の違いです。

大学時代と言わず、
今の暮らしもそうです。

久々に集まった僕らは
今の仕事の話をします。

30~31歳という世代の会社員の中では、
年収600万円ほどの人間が羨ましがられてました。

そういうのを見てると、
ちょっと寂しくなりますね。

僕の場合、
自分がどれだけ稼いでいるのか、
どいういう仕事をしているのか。

昔の友人と話をするときには、
特別、自分からは話をしません。

彼らは本当に「知らない」だけなのです。

そして、
『「知らない」状態』を、「知らない」のです。

だから、
何か目標を明確にするわけでもなく、
実は大きな不満もない状態なのです。

ある意味、日本が平和という事ですね。
今の時点では。

今このメールを見てるあなたは、
何か自分を変えたいと思っているから、
僕のメールに辿りついたのだと思います。

その時点で、
「何かをしたい」と思い、

実際に
「何かをした」のです。

結局、自分が目指す成果を手に入れるためには、
この繰り返しですよね。

「何かをしたい」と思い、何かをする。
これが全ての始まりです。

「何かをする」というのは、
「グーグルで検索した」でも十分な行動です。

そして、
『効率的な行動』をしていくために、
ちょっとアドバイスをしましょう。

それは、
その分野の限界値をしっかり把握することです。

たとえば、
先ほどの知人の年収について。

30歳の地方銀行員の年収は600万円でした。

彼は順調に出世をしていくと、
課長、次長、副店長、支店長となっていくのでしょう。

そしてその段階(肩書き)ごとの、
年齢と年収の限界値が今の時点でわかりますよね。

今ちょっと調べたら、
地方銀行50歳支店長で1200万円ほどかな。

まあ、こうして大きな企業は、
年齢ごとに年収を計算しやすいから
生涯計画も立てやすいのですが。

「知らない状態」を知らない人達は、
この流れのまま。
これが安定だと錯覚したままです。

何か起きたとき臨機応変に対応できません。

でも、僕のメールを読んでいるあなたは、
この年収の限界値をしっかり把握しましょう。

地方銀行の場合は、
いくら頑張っても30代で年収2000万円は無理ですから。

その枠内でどれだけ頑張っても
それは報われません。

自分の目指す収入と、
それを獲得するまでの過程までをイメージして、
取り組むことを選定していく。

それが「知る努力」というものだと思います。

自分だけの『トゥルーライフ』を
常に追求しつづけてください。

『トゥルーライフ』に関しては、
こちらの記事に詳しく書いてあります

さてさて、

筋肉痛にはなったのですが、
言うほど痛くない気がします。

これはひょっとして、
2日後に来るというあれですか?(^_^;)

年を取るほど2日後に来るという・・・

いや、まだまだだ!!

今日の記事が、「いいね!」と思ったらクリックお願いします☆

数々の有名社長をゴボウ抜きして
僕は社長じゃないのに(笑)現在第●位です ⇒ 

具体的な収入の増やし方は、無料メールレターでお伝えしています。

アメブロは何かと規制が厳しいので(笑)
コチラでは色々なお得情報を発信してます♪

⇒ 『業界No.1男前(自称)が届けるトゥルーライフ実現メールレター』

9月23日読者数&成長語録

■本日の読者数

本日のアメブロ読者数は
1226人です。前日比+9人!(前日1217人)

$起業家じゃないのに起業家よりも起業家的なライフスタイル

いつもありがとうございます☆
※注:この読者増の方法の詳細が知りたい方はメッセージをください♪

■本日の成長語録

情熱を持つ1人は、

$起業家じゃないのに起業家よりも起業家的なライフスタイル

情熱を持たない100人にまさる。

今日の記事が、「いいね!」と思ったらクリックお願いします☆
↓↓↓

9月21日読者数&成長語録

■本日の読者数

本日のアメブロ読者数は
1225人です。前日比+24人!(前日1201人)

$起業家じゃないのに起業家よりも起業家的なライフスタイル

いつもありがとうございます☆
※注:この読者増の方法の詳細が知りたい方はメッセージをください♪

■本日の成長語録

$起業家じゃないのに起業家よりも起業家的なライフスタイル

人間は書物のみでは悪魔に、労働のみでは獣になる。

今日の記事が、「いいね!」と思ったらクリックお願いします☆
↓↓↓

9月20日読者数&成長語録

■本日の読者数

本日のアメブロ読者数は
1201人です。前日比+37人!(前日1164人)

$起業家じゃないのに起業家よりも起業家的なライフスタイル

いつもありがとうございます☆
※注:この読者増の方法の詳細が知りたい方はメッセージをください♪

■本日の成長語録

$起業家じゃないのに起業家よりも起業家的なライフスタイル

企業にとって重要なのは、発明より革新だ。

今日の記事が、「いいね!」と思ったらクリックお願いします☆
↓↓↓

9月19日読者数&成長語録

■本日の読者数

本日のアメブロ読者数は
1171人です。前日比+33人!(前日1138人)

$起業家じゃないのに起業家よりも起業家的なライフスタイル

いつもありがとうございます☆
※注:この読者増の方法の詳細が知りたい方はメッセージをください♪

■本日の成長語録

$起業家じゃないのに起業家よりも起業家的なライフスタイル

人が起こした問題で解決できないものはない。

今日の記事が、「いいね!」と思ったらクリックお願いします☆
↓↓↓

教育者側の目的

教育というのは本当に難しい。

そう思います。

あ、その前にこのゴールを見てください。

こんなゴールを決められる選手が、
実は日本でくすぶってるんです。

僕はこのブログでも
常に当事者目線で伝えています。

要するに、
「成功したければ自分で頑張れ」ということです。

でも、成功している人には
恩師と呼ばれる指導者がいる事が多いですよね。

ビジネスの世界にもスポーツの世界にも。
もちろん僕にもいます。

特にネットビジネス業界では、

『メンター』と表現し、
「メンターを探せ」だの「メンターを作れ」だの言ってます。

まあ、当事者視点で言えば、
勝手にメンターを探してメンターから学び頑張ってください。

というだけです。

でも、そうやって経験を積んでいくと、
今度は自分が『メンター』側になる時が来ます。

『メンター』なんて表現は
大げさですからちょっと止めますね(笑)

会社で部下を持つ、上司になる
というのもそうです。

その立場になると、
教育の難しさを痛感します。

当たり前ですが、教育者側でも
目的を明確にし、最優先しなければいけません。

例を出しましょう。

サッカーが好きな人なら知っているかもしれません。
柿谷曜一朗という選手を。※先ほどのゴールの選手です

$起業家じゃないのに起業家よりも起業家的なライフスタイル

彼がどういう選手であるか、
こちらの記事がありますので、ちょっと読んでみてください。
http://number.bunshun.jp/articles/-/225876

ヨーロッパで活躍する、あの香川と同期入団で、
10代の頃は、香川よりも評価が高かった男です。

そしていつしか、
「天才」と呼ばれるほどの存在になっていました。

まあ、この記事を読んでいただくとわかるのですが、
彼は何度も遅刻をしてクラブから追放されたんです。

もちろん、遅刻だけではなく、
要するに「素行不良」というやつです。

で、ここからが大事なのですが、

教育者にとっての目的、最優先することは何か
ということです。

僕もどちらかというと古い考えのタイプなので、
社会人が遅刻とかありえません。

僕の会社の部下にも遅刻をする奴がいました。

ただ、上司の仕事というのは、
部下に成果を出させることです。

会社の利益を上げることが会社員の仕事なのですから。
それが教育者の目的、最優先することなのです。

たとえば、
何度も遅刻をする人間がいるとします。

もちろん、
そんな奴はクビにしてもいいかもしれません。

では、クビにすることが本当に
結果的に会社の利益につながるのか?ということなのです。

その最優先する考えの下に
判断し行動すべきですよね。

新たに社員を雇うための
求人広告費、教育の時間、など
コストだってかかりますから。

でも当然、
遅刻することによる
社内の士気の低下、顧客からの信用度の低下など、
会社の不利益になることが前提となっています。

柿谷選手なんてのは、
日本サッカー界における至宝ですよね。

彼を成長させ、世界に羽ばたかせるのが
指導者の役割だと思います。

サッカー以外のところに問題があるのであれば、
それをとことん解決していかなきゃいけないですよね。

もちろん、
彼本人にもそれを理解してもらわなければいけません。

だから教育って難しいんですよね。

『遅刻』という行為を例に出しましたが、

それ以外でも
『問題』となる部分をいかに解決するか。

全ては目的を明確にして最優先するために。

柿谷選手もまだ22歳。
一般社会で見ればクソガキですからね(^_^;)

人より早く『責任』を学んでいるだけです。
能力が高い人の宿命ですよね。

教育者と共に成長してほしいと思います。

今日の記事が、「いいね!」と思ったらクリックお願いします☆

数々の有名社長をゴボウ抜きして
僕は社長じゃないのに(笑)現在第●位です ⇒ 

具体的な収入の増やし方は、無料メールレターでお伝えしています。

アメブロは何かと規制が厳しいので(笑)
コチラでは色々なお得情報を発信してます♪

⇒ 『業界No.1男前(自称)が届けるトゥルーライフ実現メールレター』