『器用な人』と『不器用な人』の末路

ありがとうございます☆
いつのまにか6位になってました(^^)
引き続き応援よろしくお願いいたします♪ ⇒ 

世の中って、
単純に2つに分けられます。

『できる人』と『できない人』。

たとえばビジネスの世界でも、
『できる人』と『できない人』に分けられます。

しかしそれは、あくまで結果的に
『できた人』と『できなかった人』にわかれるだけであって、

スタートはみな一緒です。

結果までの過程の間に
『できる人』と『できない人』に
分かれたに過ぎません。

これは、
僕がずっと言っている理念のようなものです。

人には人の立ち位置ごとに
成功があるということ。

あくまで自分には自分の立ち位置があり、

その立ち位置自体が
何かの原因になるのではなく、

目指すべき結果は必ず同じだという事です。

ビジネスにおいて、
これはとても重要だと思ってます。

ビジネスはとにかく結果主義。
『できた』か『できなかった』の二択しかありません。

ただ、その原因は、
能力や立ち位置ではありません。

人のタイプとして、

『器用な人』と『不器用な人』

2つに分けられます。

『器用な人』とは、
要領がいいため、うまくやる技術があります。

うまくやる技術があるため、
比較的、成果も出やすいでしょう。

反対に『不器用な人』というのは、
要領が悪い為、うまくやる技術がありません。

そのため、結果が出にくいのです。

さて、
ここからが大事なのですが、

だからと言って、

『器用な人』=成果が出る
『不器用な人』=成果が出ない

というわけではありません。

というかむしろ、

『不器用な人』ほど
大きな成果を上げやすくなります。

ビジネスにおいて、これは顕著に現れます。

でも、やり方を間違えると、
本当に失敗するので気をつけてください。

やり方を間違えるというのは、

『不器用な人』が
この、“うまくやる技術”を身につけようとする事です。

『器用な人』と『不器用な人』というのは、
僕は才能だと思ってます。

要するに
生まれたときから決まっているもの。

だから、
『不器用な人』が『器用な人』になろうとするのは、
ハッキリ言って無理なのです。

でもそれは、

『器用な人』=成果が出る
『不器用な人』=成果が出ない

と思ってるからする行動です。

そんなことないから大丈夫。

ではどうすればいいか。

ビジネスで成果を出すには、
本質をしっかり把握する事が先決。

本質とは、
『お客さんへサービスをする』ということ。

お客さんを思いやるということ。
お客さんを大切にするということ。

キレイごとのように聞こえるかもしれませんが、
これは本質であり、当たり前のことなのです。

つまり、大げさに言うと、

『器用な人』というのは、
うまくやる技術があるので、お客さんの事を大切にしなくても、
うまくやれてしまうのです。

でも、『不器用な人』というのは、
うまくやる技術がないので、
お客さんの事を大切にしなければいけないのです。

逆に言えば、
『不器用な人』でも、お客さんの事を大切にすれば、
うまくやる技術がなくても成果を出すことができるのです。

これは営業をやっていると
ものすごく顕著に現れます。

プレゼンが特にそう。

うまくやる技術があると、
話の組み立て方もうまく、
質問に対する答えもそれなりにうまく対応できます。

ですが、
そこに感情が無い時が多々あります。

口から発せられる言葉には
感情(魂)がないので、
ただただ流れるスピーカーのようになります。

これは僕が営業をやっている時に
よく上司に怒られました。

僕のような中途半端に自信がある人間が
一番危険なのです。

でも、
『不器用な人』は、感情がこもります。

なんといっても
それしかできないですから(笑)

うまくやる技術がないですからね。

お客さんのことを大切にするしかないんですよ。

でも、それが一番大切な事。

だから、
まずは自分で考えてみてください。

自分は

『器用な人』か『不器用な人』か

どちらでしょう?

どっちでもいいです。
『不器用』でもいいです。

というか
だいたい『不器用』だと思いますよ。

じゃなければ、
もうとっくに成功してると思います。

今、何かくすぶっているなら、
あなたは『不器用』ですよ。

僕だってくすぶってます。
僕も『不器用』ですから。

それでいいじゃないですか。

そのおかげで、
お客さんの事考えるしかないですから。

だから本質をしっかり見ましょう。
ビジネスの本質をブレないように。

お客さんの事をしっかり考えてください。

うまくやる技術はその後。
というか必要ないかもしれない。

ブログやメールの文章にそれが現れますからね。

メールについてはここでも紹介してます。
関連記事:「『メルマガ』は『NGワード』!!無料メールレター」

プレゼン能力を上げる方法については、
また後日お伝えしたいと思います。

具体的な収入の増やし方は、無料メールレターでお伝えしています。

アメブロは何かと規制が厳しいので(笑)
コチラでは色々なお得情報を発信してます♪

⇒ 『業界No.1男前(自称)が届けるトゥルーライフ実現メールレター』

8月2日読者数&成長語録

■本日の読者数

本日のメールレター読者数は
4070人です。前日比+12人!(前日4058人)

いつもありがとうございます☆
※注:この読者増は、ある1つの媒体のみで自動的に集客しているものです。
   詳細が知りたい方はメッセージをください♪

■本日の成長語録

しなくてはならないのならやめなさい

$起業家じゃないのに起業家よりも起業家的なライフスタイル

やらずにおれないのならやりなさい

今日の記事が役に立ったら押してください♪
↓↓↓

継続と自動化の仕掛け

さて、

リアルタイムではないですが、

月9ドラマ
「リッチマン、プアウーマン」を毎週見てます。

最新の第4話は、昨日見ました。

見逃してたらコチラの動画サイトがオススメです
http://maki20to.xsrv.jp/tdk/pub/s.php?183mP

あれ、面白いですね(^。^)

設定が、絵に描いたような
理想的なベンチャー企業だから(笑)

ああいう会社は実際そうないけど、
間違いなく結果が出る会社だと思います。

どの辺かと言うと、

とにかく社長がスゴイ!!ってとこ。
そしてそれを支えるNo.2がスゴイ!ってとこ。

以上!(笑)

これ、実際その通りで、
小さな会社というのは、
ハッキリ言って社長にかかってます。

会社=社長。

社長がスゴければ会社もスゴイ。
非常にシンプルです。

で、『社長がスゴイ』って何?

      ってところですが。

それは何でもいいです。

「この人、スゴイな~」

って思えるようなものがあれば。

つまり『魅力』です。

たとえばドラマの小栗旬は、

徹底的な自社コンセプトのこだわりと
実際の新サービスの核部分まで作ってしまう技術力。

こういう『魅力』があると、
人が集まります。

小さい会社には、
この『人が集まる』ってのがなによりも武器になります。

仲間が集まれば組織規模が大きくなり、
お客さんが集まれば売上が膨らみます。

小さなベンチャー企業というのは、
そうやって大きくなっていきます。

だから、
社長やNo.2が全てと言ってもいいのです。

しかし、
そうは言っても実際はドラマのような
設定はなかなかありません。

組織が小さい分、
ボロも出やすくなるのです。

何がって社長のボロです。

お客さんが増えて、

会社が大きくなって、

社員も増えてくれば、

当然会社が成長しているということ。

それと同時に、
社長も成長しなければいけないのです。

ここがポイント。

実は、社長が成長しないパターンもあるのです。

社員のレベルも高くなる。

お客さんの欲求度も高くなる。

世の中のニーズも変化する。

となると当然、

最前線にいる社長も成長するのは必須なわけですよ。

でも、
社長の成長が止まるという会社が非常に多い。

今日お伝えしたい内容はここから。

結局、

『一発屋』という言葉があるように、
ビジネスでもポッと売れることって多々あります。

特に時代がマッチする時というのは、
戦略うんぬん別に本当に売れてしまいます。

それは正直『実力』ではありません。
間違いなく『運』です。

運も実力のうちと言いますが、
ではそのまま継続することができたら
実力と言えるでしょう。

そう、
つまり継続ができたら間違いなく実力がある

ってことです。

これは間違いありません。

あなたもこれから、
何かしらのビジネスをしようとしてます。

であれば、まず考えることは

『継続』です。

これが全て。

これはたとえば、
『自分の作業の継続』も含まれます。

アフィリエイトとかネットビジネスというのは、
継続的に作業ができれば100%成果が出ます。

ということは、
自分が継続できるような環境をどう作るか
というのもポイントになってくるんです。

これもあなたの仕事です。

で、継続するための一つのテクニックとして
『自動化』というものがあります。

膨大な作業を継続させることが難しいので、
部分部分を自動化させる。

そうすると時間も心も余裕になるので、
また作業を継続させることができる。

こんな感じですね。

以前、僕の実績を紹介した時に言ったのですが、

『どれだけ稼いだか』ではなく、
『どうやって稼いでいるか』を注目します。

僕のネットビジネスの仕掛けも、
継続と自動化を考えてますから。
⇒ 関連記事:「ネットビジネスの実績」

で、ベンチャーの社長は
これには敏感でなければいけません。

一回どーんと売上が上がっても
それが止まり、必ず落ちます。

その時にどういう対応ができるか。

というよりも
その時が来る前から準備をしておくべきです。

作戦を立てることを止めてはいけません。
それが社長にとっての継続なのです。

ネットビジネスは一人で作業を始めます。

大変ですよね。

絶対に途中で心が折れますよ。

だからこそ、
継続を常に考えてください。

最大の継続の要因は、
『楽しさ』を見出すことなんですけどね。

もっと言うと、見つけるんじゃなく、

『楽しさ』を『作る』。

どうですか?

どうやったら楽しくなるかは、
あなたにしかわかりません。

一度、考えてみてください。

何か行き詰ったら、

気軽に相談してくださいね♪

具体的な収入の増やし方は、無料メールレターでお伝えしています。

アメブロは何かと規制が厳しいので(笑)
コチラでは色々なお得情報を発信してます♪

⇒ 『業界No.1男前(自称)が届けるトゥルーライフ実現メールレター』

8月1日読者数&成長語録

■本日の読者数

本日のメールレター読者数は
4058人です。前日比+6人!(前日4052人)

いつもありがとうございます☆
※注:この読者増は、ある1つの媒体のみで自動的に集客しているものです。
   詳細が知りたい方はメッセージをください♪

■本日の成長語録

この道は茨(いばら)の道
しかし茨にもほのかにかおる花が咲く

$起業家じゃないのに起業家よりも起業家的なライフスタイル

あの花が好きだからこの道をゆく

今日の記事が役に立ったら押してください♪
↓↓↓

仕事とプライベートの違い

『仕事』と『プライベート』。
何故あえて分けるのでしょうか?

これも『セミリタイア』の時に
お伝えしたのと同じですね。

⇒関連記事「『セミリタイア』は『NGワード』」

仕事=つまらない
プライベート=楽しい
っていうものが前提となっています。

そもそも

仕事=つまらないって
よくそんな恐ろしいことを平気で言いますよね。

仕事って一日約8時間するとして、
20歳から60歳まで働くとします。

1日は24時間なので、
8/24の1/3日が仕事です。

そうすると

40年間の1/3の約13年間が
つまらない事してるってことですよね?

そのうち1日8時間は寝てます。

だから、起きてるうちの半分は
つまらない事してるってことですよね?

「仕事はつまらない」って

よくそんな恐ろしいこと言えますよね。

だったら

楽しい仕事探すか、
楽しい仕事創るか、
仕事を楽しむようにしろよって話です。

このように、
人生の大半を仕事が占めてるので、
仕事が楽しいか楽しくないかが、

イコール、
人生が楽しいか楽しくないかになるのです。

だから僕は、
『トゥルーライフ』を提唱しているわけであり、
それを実現する仕事(ビジネス)に、
『ネットビジネス』はかかせないわけです。

⇒関連記事「トゥルーライフとは?」

あと、

「仕事が趣味です」

って言うと、
なんか、引かれますよね。。。

なんか、『仕事人間』みたいな感じで。。。

これの何がいけないんですか?
世知辛い世の中ですなぁww

「オレ、ビジネスが趣味っす!」
って言えばカッコいいですかね?ww

「仕事が趣味です」って

これは要するに、
仕事がつまらなくて、プライベートが楽しい
という前提だから、悪く聞こえるんです。

『楽しいプライベートを削ってまで、
つまらない仕事をしている』

それは確かに地獄です。

でも、たとえ趣味が仕事(ビジネス)でも、
24時間考えても飽きないような趣味を持ってるって
すごくステキなことだと思います。

つまり、

「オレ、ビジネスが趣味っす!」

って言ってる人は、
今、まさに最高の人生を生きてるってことです。

ですよね?
なんで引かれるんですか?ww

というか

プライベートって訳すと、
『個人的』とか『私的』。
『公ではない』って

仕事に私的も公的もないでしょ。

というか仕事は私的でしょ。

こうやって、
『仕事』と『プライベート』って
線引きするから余計つまらなくなります。

ストレスになります。

仕事中に嫁や彼女から電話かかってきたら、

「ちょっと後にしてくれ!」

ってなっちゃいますよね。

逆に、
彼女と遊んでるときに上司から電話かかってきたら、

「マジかよ~、タイミング悪いな。。。」

ってなっちゃいますよね。

これはつまり、
『仕事』と『プライベート』を勝手に線引きをして、

その境界線の切り替えの動作が、
『ストレス』を発生させるんです。

はじめから線引きなんてしなければ
余計なストレスを感じないですよね。

あと、
『仕事』と『プライベート』なんて線引きしてると、
『脳』も勝手に切り替わってます。

そうなると、
『仕事』のアイデアも、
『プライベート』の時には生まれない。

これも矛盾ですよね?

人々の生活を豊かにさせるための『仕事』なのに、
生活(プライベート)している時に
そのアイデアが出ないなんておかしいですよね?

矛盾してます。

だから、
仕事もプライベートも線引きしない。

言っちゃえば土日も平日もない。

そんな線引きしてるから、
日曜になったら

「明日からまた仕事~」

ってなっちゃうってこと。

ストレスを発生させる
境界線を作らないようにしましょうね。

具体的な収入の増やし方は、無料メールレターでお伝えしています。

アメブロは何かと規制が厳しいので(笑)
コチラでは色々なお得情報を発信してます♪

⇒ 『業界No.1男前(自称)が届けるトゥルーライフ実現メールレター』