3つのプロフィール

前回は、

「テーマを決める」

というお話をしました。

今回は、

「そのテーマを
 3つの表現パターンに分ける」

という事をします。

少しずつ
カタチにしていきましょう。

たとえば、僕の今回のテーマは

『起業』です。

起業したいと思っている方。
起業に興味がある方。

これらの方々がに
アラシのメール講座を読んだら

「起業できる!」と思ってもらう。

「アラシに付いていこう!」
と思ってもらう。

そんな感じで、
ざっくりゴールを決めます。

では、そういう方々に、
自分のプロフィールを見てもらった後、

どのような
『感情』になってもらいたいか?

どのような
『行動』をとってもらいたいか?

これを考えます。

その時に大事なのが、
最終的にやはり、自分の事を

「スゴイ!」

と思ってもらえるように。

確かにキャラクターには
色々あります。

権威のある先生タイプだけでなく、
親しみやすい友達タイプ。

先生タイプなら、
先生と生徒という関係ができるので、

先生が「これやれ」と言えば、
生徒(読者)が行動する。

という感じで
わかりやすい関係ができます。

ただ、友達タイプだと、

『共感』してもらえるかもしれませんが、
『行動』してもらえない可能性があります。

僕らは最終的には
ビジネスをしなければいけません。

どれだけキレイゴトを言っても、
最終的には読者から『お金を頂く』のです。

その時、

「この人から学びたい」

という『尊敬』が込められた

「スゴイ!」

という感情が無いとダメなわけです。

ただ、キャラクターは人それぞれなので、
先生タイプでも友達タイプでも
別にどちらでもアリ。

タイプに関わらず、

「スゴイ!」と

思わせればいいという事。

友達タイプでも、
そこをしっかり意識しておけば、
十分にできます。

あえて

「スゴイ!」

という簡単で抽象的な表現を使いました。

「スゴイ!」にも
色々あるからです。

実績がスゴイ!

人生経験がスゴイ!

文章がスゴイ!

知識がスゴイ!

キャラクターがスゴイ!

などなど。

別になんでも良くて、
何かしらで

「スゴイ!」と

思ってもらえるように。

自分のプロフィールを
読んでもらった最後(ゴール)には、

この
「スゴイ!」という
感情を持ってもらえるようにします。

そういう意味でも、

僕が今から作る
自分のプロフィールを

『物語風』に作るのは

大きな意味があります。

全くの初心者が、
実績も何もない状況で、どうするか?

自分のプロフィールを
手の込んだ物語を作る事で、

「スゴイ!」

って思ってくれるわけです。

物語がスゴイ!

物語の展開がスゴイ!

物語の表現がスゴイ!

これら全部、
意図的に創り出すことができます。

その方法を
僕が教えますので。

ではでは、
作っていきましょう。

テーマを決めて、

最終的に
読者の感情を決める。
読者の行動を決める。

そして、
「スゴイ!」と思ってもらえる。

そんな『プロフィール』。

テーマが決まった後。

ここから何をするかというと、
3つのパターンを考えます。

単純に、

『大』『中『小』

の表現パターンを考えるのです。

これもプロフィール作りだけでなく、
全てに言える事。

メインとなるテーマが決まったら、

それを、

『大』の表現パターン。

『中』の表現パターン。

『小』の表現パターン。

に分けるのです。

これらの違いは、
単純に『ボリューム』です。

つまり、

同じテーマなので、
全て伝えたい事は同じ。

その代わり

表現方法を
その状況に合わせて使い分ける。

という事です。

プロフィールの場合は、

『大』⇒物語長編タイプ

『中』⇒端的自己紹介

『小』⇒キャッチフレーズ

という分かれ方です。

何か企画書やプレゼンを
作る時でもそうですよね。

忙しくて時間が限られる
上司に説明するためのパターン。

がっつりプロジェクター使って
プレゼンするためのパターン。

最終的なテーマは同じなのに、
準備する物のボリュームが違います。

前回までに、
とりあえずテーマが決まったので、

ここからまずは
この3つの表現パターンを決めましょう。

僕の事例では、
以前までの古いパターンは、

『大』⇒自分物語

『中』⇒数行で表現したもの
 ※詳しくは忘れちゃいましたww

『小』⇒

「起業家じゃないのに
 起業家よりも
 起業家的なライフスタイル」

『小』の部分はキャッチフレーズでもあり、
ブログのタイトルにもなりますよね。

自分の事をぱっと説明して、
足を止めてもらわないと。

その後、詳しく自分のブログ記事を
読んでもらうという流れです。

こんな感じで、

まずは『中』と『小』を
さくっと決めちゃいましょう。

繰り返しますが、

ここに時間をかけて、
立ち止まるのが一番ダメ。

めちゃくちゃ大事な項目ですが、
とりあえず仮決めしましょう。

こんなものは
常に考えなければいけない事。

僕も常に考えて、
自分が成長するたびに、
コロコロ変わるものです。

なので、
現状でとりあえず仮決めして、
後からまた変更すればオッケー。

まずは『中』と『小」を
ざっくり決めましょう。

もし、中々決められなかったら、
僕に相談してください!

連絡先 ⇒ arashi3155@gmail.com

では次回、

『大』である、

プロフィールの物語を
作って行きましょう!

■追伸

今、本当にかなり重要な話をしています。

『プロフィールの作り方』

これが出来るだけで、

自分のビジネスの成果が大きく変わってきます。

はじめは誰でも初心者で、

実績がありません。

そのため、自分のキャラクターで

勝負しなければいけないのです。

こちらはブログにて、

『魅力的なプロフィールの作り方』

というカテゴリを作ってありますので、

必ず最初からしっかり読んで下さい!

⇒『魅力的なプロフィールの作り方』

今日の記事が「いいね!」と思ったら、
ポチっとお願いします!

コメントを残す