プロフィールの前のテーマ作り

さあ、昨日から
『魅力的なプロフィールの創り方』
についてお伝えしています。

繰り返しますが、
これはかなり重要です。

ブログにも投稿しておきますので、
しっかり見ておいて下さい。

昨日、僕が昔作った
『自分物語』を紹介しました。

結構古いものなので、
僕はこれを、
新しいものに書き換える予定です。

それを、リアルタイムで
解説をしながら作成していきます。

その前にまずは、

この古いバージョンの
『自分物語』の解説をしましょう。

そもそも
『プロフィール』って、
めちゃくちゃ大事なんですね。

これは僕らのような
個人だろうが、企業だろうが。

ビジネスをやっている以上、
自分(企業)は、何者なんだ?
っていう事を示さなければいけません。

アピールする所は、

『商品』ではなく、
『自分』です。

何故かと言うと、
商品は世の中に溢れているので。

ちょっと前に、
お家騒動で話題になりましたね。

「大塚家具」。

世の中に、
『家具(商品)』なんてのは、
腐るほどあります。

では、世の中の人は、

家具を、
どういう基準で購入するのか?

値段なのか?
質なのか?
家から近い場所なのか?

色々ありますよね。

高級家具志向で行くのか。
親しみやすさで行くのか。

大塚家具の騒動は
その当たりの意見の食い違い。

という報道をされてましたね。

要するにプロフィールです。

商品単体で
競合が皆無というのは中々厳しいので、

類似商品でも、
自社のプロフィールで差をつけるわけです。

僕らのような
個人でビジネスをする場合は、

まさに自分自身プロフィールが

売上に直結します。

それくらい大事なわけです。

さて、前置きはこれくらいにして、
実際にプロフィールを作って行きましょう。

まず一番はじめにする事は、
「テーマ」を決めます。

あ、プロフィールに限らず、

何かを作り出すとき、
やる手順は全て同じです。

テンプレ化されてるので、
それをしっかり認識して、
全ての事に応用できるようにしましょう。

まず決めるのは「テーマ」。

そもそも
何のためにプロフィール創るの?
って話です。

今回で言えば、
もちろんビジネスをするため。
売上を上げるため。

です。

では売上を上げるためには、

どんな商品(サービス)を提供するの?
どんな顧客を集めたいの?

先ほどの家具業界で言えば、

ニトリと大塚家具は
本来は顧客層が違っていたんですね。

大塚家具は高級家具だったので、

ニトリ自体は、
最初から大塚家具と
張り合うつもりはなかったんです。

大塚家具が提供するもの。
大塚家具が集めたい顧客。

それとは違うものを、
ニトリは求めていました。

そのため、
それらを明確にした上で、
ニトリのプロフィールが作られるのです。

もちろん、
はじめと今は違うかもしれない。

なので、プロフィールはその都度、
状況に合わせて変えても構いません。

まずは現段階で、
自分が打ち出したいテーマを決めます。

それはつまり、
『逆から考える発想』ですね。

最終的にお客さんが、
自分のどんな商品を購入して、
どういう感情になったら良いのか。

それがゴールです。
そのゴール(逆)から考えましょう。

そのためには
どんな商品?

そういうお客さんを集めるためには、
自分はどんな存在でなければいけない?

では僕を例に。

僕は当時、

『起業家じゃないのに
 起業家よりも
 起業家的なライフスタイル』

というブログを書いていました。

これを作った時は、
僕はまだ会社員でした。

当時はアフィリエイトを
メインにやっていたので、

最終的には
情報商材をアフィリしたり、

何かしら

「お金が欲しい」と思っている人達に
「稼げる情報」を提供する。

というゴールを描いていました。

そうなると、
自分は何者にするか?

ここで、
『月収100万円達成!』
とか作ってはダメ。

嘘ですから(笑)

嘘をつかずに、
でも、自分の現時点の状況で、
最高のものを魅せなければいけません。

自分が『起業家』ならば、
それだけで起業を夢見てる人達にとっては、
魅力的な存在になれる可能性が高いですが、

いかんせん、当時は会社員。

嘘はつけません。

では、
『会社員』という立場で
いかに魅力的に魅せるかを考えました。

だってそもそも、
僕の見込み客は、

当然、「会社員」ですよね。

もちろん、
起業家も「お金が欲しい」と思いますが、

そういう人達は、
僕のブログなんて読むわけがありません。

「お金が欲しい」と思う、
「会社員」が僕のブログを読むのです。

という事は、

「会社員」でも
「なんか頑張ってる会社員」

という立場だと、

「『共感』が得られる。」

と思いました。

当時僕は営業マンでしたし、
まあ、所属会社も緩い体質だったので、

結構、自由に仕事させてもらったんですね。

それが狙いで入社したのですが。

そのあたりの、
『会社員なんだけど自由』
というプロフィールに。

起業家に憧れる人多いけど、
起業家って実は自由じゃないよ。
大変だよ。

だったら、
会社員なのに自由の方が良くない?

というプロフィールにしたのです。

で、

『起業家じゃないのに
 起業家よりも
 起業家的なライフスタイル』

というキャッチフレーズに。

これって何をしたのかというと、

要は

『スキマ』を探して、
『ポジション』を創ったんですね。

『起業家』というカテゴリ。
『会社員』というカテゴリ。

その『どちらでもない』という

新たなカテゴリ。。。

このあたりは、
ちょっとまた説明に時間がかかりますので、

このへんで(^_^;)

何が言いたいかというと、

今の自分の状況でも、
いくらでも魅力的なプロフィールは作れる。

という事です。

「自分には何もない。」

「自分には誇れるものが何もない。」

「自分には提供できるサービスがない。」

もちろん、
その気持は凄くわかります。

ただ、今から自分で
ビジネスをしたいんですよね?(^_^;)

だとしたら、
これくらいは考えて
自分の魅力的なプロフィールを作らないと、

この先やっていけないんですよね(^_^;)

だって、
大塚家具やニトリみたいな
大企業がやってる事だし、

大塚家具なんて、いまだにフラフラ
定まっていないわけなんですから。

僕は何回も言いますが、
ちょろっとやって
ちょろっと稼げるビジネスはたくさんあります。

ただそういうのは、
ちょろっと稼げて終了です。

継続性はありません。

継続性のあるビジネスをするには、

商品作ったり
市場調査したり

なんやかんや

色々努力しないと
さすがに厳しいですからね。

そうは言っても

「早めに収益化したい!」

であれば、
その方法はもうYouTubeしかありません。

YouTubeやって
アドセンスで継続課金システム作って、

そのYouTubeノウハウ元に、
自分を売っていく仕組みを作る。

おっとっと、
話が完全にそれました(^_^;)

YouTubeノウハウに興味ある場合は、
個別に連絡ください。

というわけで今日は、
プロフィールを作る際に、

「テーマ」を決める。

これをしましょう。

具体的には、
最終的に自分はどうなりたいのか?

「お金持ちになりたい!」

年収いくらぐらい?

「年収1億!」

では年収1億の人ってどんな人?

どんなビジネスしてる人?

「情報販売してる人!不動産やってる人!」

では情報販売ってどんな商品?不動産はその後。

「自分のコンテンツ売ってる!」

どんなコンテンツ?

「なんかよくわからないですが、稼ぐ系!」

じゃあ、まずその『よくわからない』のを解決。

解決方法は調べる。実際にその人のコンテンツを買う。

そして、自分で実践。そして独自コンテンツ化

こんな感じで進めて。

実際に「稼ぐ系」の
情報販売をしたいのであれば、

自分から「稼ぐ系」の商品を
手にした顧客は、
どうなって欲しいのか。

このあたりから、
人それぞれになると思います。

たとえば、
自分が主婦ならば、

『旦那の給料以外に自分の美容代5万円』

『子供のオモチャ代に1000円』

『旦那との旅行代に1万円』

『月1回家族旅行』

などなど。

主婦である自分の喜びって?
月何円あったらどんな事して
どんな喜びが?

その気持ちは
自分にしかわからないですよね。

その自分と同じ感情になれる人から、

自分に対して
『共感』が得られるようになります。

自分が会社員だったら、
会社員の自分にしかわからない、
苦悩やストレスがあります。

それが、
お金で解決できるのであれば、
その方法と事例。

これらを提供することが、
現時点での自分のゴールになります。

そのゴールを想像して、
出来上がるのが『テーマ』ですね。

まずは『テーマ』を決めましょう。

ただこれは、
本来は結構時間かかります。

でも、時間をかけるだけかけて、
結果、何もしません。

という事も多々あります。

ので、
まずはある程度、
えいっ!って決めましょう。

イマイチ見えない部分がありましたら、
いつでも連絡ください。

僕のメールです。

⇒ arashi3155@gmail.com

今日も長くなっちゃいましたね(^_^;)

それくらプロフィール作りは大事なので、
じっくりやっていきましょう!

今日の記事が「いいね!」と思ったら、
ポチっとお願いします!

コメントを残す