YouTubeはまずは●展開

今日もYouTubeのお話をしましょう。

僕はYouTubeで、参入3ヶ月で

アドセンス広告のみ
月収250万円を達成しました。

これは

僕がどように考え、
どのような行動をしたのかをお伝えすれば、

もちろん多くの人が達成できます。

「YouTubeは成果が出やすい」

これは間違いないですね。

何故かと言うと、

「数の理論」で

達成しやすいからです。

要は、

「数撃ちゃ当たる」

というやつです。

僕は

中学から大学まで
サッカーをやってました。

結構まじめに練習してました。

高校まではキャプテンやったり

好きなポジションで
レギュラーやってました。

でも、大学では

中々レギュラーになれず。

でも、

そこそこ練習はしてました。

もちろん、

練習のやり方が悪かったかもしれない。

でも、レギュラーになれなかったし、

極端な話、

メッシになれませんでした。

当たり前ですが(^_^;)

ただ、YouTubeは違います。

単純な反復作業の繰り返しで、

そこそこの成果が出ます。

ただ、

いくら単純な反復作業とはいえ、

気をつけなければいけない事があります。

それは、

横展開と縦展開の違いです。

横展開とは広げる事。

縦展開とは深める事。

ビジネスって

10個やって2個うまくいく。

実はそのくらいの確率です。

100発100中で
上手くいく人って

ほとんどいないと思います。

そんなような人がいたら、

たまたまた1発目と2発目で
うまくいく2つを当てた人。

それか、

その他の失敗を隠してる人。

そのどっちかです。

で、YouTubeも同じで、

10個動画作ったら
2個くらい再生回数が増えた。

10個チャンネル作ったら
2個くらい登録者が増えた。

そういう世界です。

現在販売されている
YouTube教材のノウハウも、

大前提としてその確率の下になっています。

教材に書かれている事を
実践しても、

10個やったら2個うまくいく。

そんなものです。

そもそも、

YouTubeやGoogleのアルゴリズムを

完全に解明してる人が
いないのですから、

確率で言ったらそんなもの。

だから、

そもそも100発100中なんて

あり得ない。

という
大前提の理解を持ちましょう。

そうは言っても、

他のビジネスと比べると、

YouTubeの場合、

その確率は高いし、

当たった時の利益が大きいと言えるのです。

では、

この確率論を前提とした場合、

どの部分で、

「単純な反復作業」をするか。

という事です。

それは、

縦展開よりも横展開をオススメしています。

具体的にはチャンネル運営です。

収益を上げること。

リスクを軽減すること。

そのためには、
複数のチャンネルを作ります。

それを、

YouTubeを始めたばかりなのに、

1つのチャンネルを立ち上げて

ずっとそのチャンネルに
動画をアップし続ける人がいます。

縦展開に反復作業をする

という事ですね。

これは、あまりオススメしません。

もちろん、

ある程度、
伸びるチャンネルコンセプトというのは
わかっていますが、

何度も言うように
100発100中にはなり得ません。

という事は、

1つのチャンネルに
60個アップするよりも、

3つのチャンネルに
20個ずつアップする方がいいわけです。

横展開に反復作業をするという感じです。

こうすると、

3つのチャンネルの方が、
幅広いデータを集める事ができます。

そして、

3つのチャンネルの内、
どれかが伸びるかもしれないし、

伸びないかもしれない。

であれば、

3つで得たデータを下に、

また1つチャンネルを増やしてみる。

データが貯まる。

データを分析する。

また新しい仮説が出来る。

またチャンネルを作ってみる。

これは前回も言ったように、

作戦を立てながら
反復作業をすれば、

本当に新しい発見があり、

成果が出ます。

YouTubeは尚更です。

そして、

何か見えた時、

伸びてきた時に、

そのチャンネルを
縦展開として、

動画をさらに追加していきます。

すると、

縦展開した事で、

「成果の出たデータ」が出来ました。

それを今度は

横展開で複製していきます。

成果の出たデータを下に横展開したので、

より成果が出る確率が高くになります。

こうやって

横展開と縦展開を使い分けて

反復作業をすると、

本当に成果が早く出ます。

これがYouTubeの良い所ですよね。

参入したばかりであれば

まずは横展開の反復作業をする。

これに徹しましょう。

今日の記事が「いいね!」と思ったら、
ポチっとお願いします!

コメントを残す