YouTubeを取り組む前に・・・

6月の中旬くらいになるかな。。。

僕のプログラムを
ヴァージョンアップしようと思ってます。

その内容は、

主にYouTubeノウハウを
中心にしたものとなってます。

僕はYouTube事業に参入して、

3ヶ月でアドセンス広告収入が、

月収250万円を達成しました。

僕はビジネスに取り組む時、

メインモデルと
サブモデルというような分け方をします。

メインモデルというのが

収入の軸になる柱です。

サブモデルは
一過性のモデルでもあるので、

収入源としては不安定です。

大きな収益になる事もあれば、

明日、ゼロになる可能性もあります。

インターネットを使った
ビジネスというものは、

とにかく一過性のものが多いですよね。

そしてそれを、

メインモデルで取り組んでいる人が
これまた多い。

だから継続的に
収益を上げる事ができないのです。

サブモデルのはずが

メインモデルとして
取り組んでいるからです。

さて、そしてYouTubeなのですが、

もちろん、
YouTubeも所詮はサブモデルです。

ただ、

メインモデルを、より太くするのに、

非常に効果的な
サブモデルになる。

と思ってます。

そのため、

YouTubeを攻略するのは、
やはりやっておくべきだと思いますね。

ではどうやって攻略するか。

まず、YouTubeに限らず

Facebookや
Twitterでもそうなのですが、

その市場特有の
ルールを把握する必要があります。

ただ、

その市場特有のルールというのも

実は難しくなくて、

「本質的な理解」

というものがスタートになります。

本質的な理解ができていれば、

市場特有のルールも
普通に攻略ができます。

本質的な理解とは、こちら。

・お客さんを離さないようにする

・お客さんを集める

・お客さんがまた来てくれるようにする

こちらの3ステップです。

そして、

大切なのは順番。

多くの人が、

お客さんを集める事を
最優先にしてますよね。

ただ、継続性を高める
ビジネスをする場合、

売上の大半を占めるお客さんは
リピート客です。

何度も来てくれるお客さん。

ということは、

こちらが準備しておく事は、

お客さんにまた来てもらうような
仕組みを作る事。

こういう準備をしておくと、

一度来たお客さんも

また来てくれるようになります。

逆にこの準備をしてないと、

せっかく来たお客さんが

もう二度と来てくれない可能性もあります。

となると、

どれだけ新規集客をしても、

継続的な売上の確保には
ならないんですよね。

さて、この本質の理解をもって、

YouTubeに取り組めばいいわけです。

つまり、

自分の動画を見てくれた人が、

また来てもらうように。

チャンネルを運営するならば、

また来てもらえるように。

という事を考えると、

1つの動画の再生回数というのは、

大した意味を持たないって事です。

1つの動画が、

何百万再生しようが、

一過性の場合が多いですよね。

確かに再生回数が多いと、

新しく身に来てくれる人が
多いかもしれませんが、

所詮、新規客が集まるだけで、

リピート客が増えるわけではありません。

なので、

どうやって
リピート客を増やしていくか。

そしてさらに、

その仕組をいかに

『自動』で行うか。

これらの仕組み作りが、

YouTubeを取り組む上で、

必要になってくるわけです。

まずはその、

本質的な理解をしましょう。

では次回からは、

もうちょっと
具体的なお話をしていこうと思います。

今日の記事が「いいね!」と思ったら、
ポチっとお願いします!

1件のコメント

  • アラシさん
    初めまして
    こんばんは

    おきてがみから訪問しました。
    今日は記事も読ませていただきましたが

    プロフィールが衝撃だったので
    コメントしました。
    完全に振り切ってるんですか?ww

    失礼なコメントでしたらご容赦ください。
    応援します!!

コメントを残す