NET・HON・ZASSHI

教育者、指導者という
立場になるためには、

ある程度は、
魅力的な人間になる必要があります。

頭が良くなくても、

「頭が良い」と
思われるようにならないと。

そのために必要なのが、

「情報の整理」です。

結局、作業としては、

情報を収集して、
情報を発信する。

これだけ。

ここで、

情報の発信の時に

コピーライティングやら
なんとかスピーキングやらの

テクニックで
頭良さそうに見せよう。

って思いがちですね。

それらももちろん大切ですが、

情報収集。

この段階でも
大切な事があります。

それが、

「情報の整理」

そもそも、

情報収集って

いろんな方法がありますよね。

情報発信するジャンルが

ある程度決まっている場合、

より良い発信をするために、

何かしら情報を収集しますよね。

その情報源でオススメなのが、

この3つ。

・ネット

・本

・雑誌

です。

この3つを
上手く活用して

情報収集すると、

実は発信の時で、

かなりイイ感じになってます。

要は、使い分けです。

■ネット

ネットの良いところは即効性です。

何か忘れた時、

ちょっとした情報を収集したい時、

そういう時に活用します。

■本

これは自分が発信する情報を、
1つのノウハウとして体系化する時。

この時に本を活用します。

自分がブログを立ち上げる時、

コンサルプログラムを作る時など。

とにかく本は、

よくまとまってる。

そりゃそうです。

本は出版するために

企画から販売まで
色々な会議を繰り返し、

「これなら売れる!」

という判断の下、
世に放たれてるわけです。

目次をよく見てください。

自分のノウハウを、

どうやったら人に伝わるか。

どう表現すべきか。

目次を参考にすると、

自分のノウハウを整理する
かなり良い勉強になります。

■雑誌

以外にやってない人が多いですね。

雑誌の良いところは、

最新情報と広告の確認ができる点。

雑誌って、
毎回企画がありますよね。

あれもそう。

編集会議とかで

今、何が流行ってるか

今後、何が流行るか。

どういうニーズがあるか。

どういう考え方をしているのか。

その情報を知る事ができ、

かつその内容を
魅力的に表現する

キャッチフレーズの勉強にもなります。

あと、広告。

雑誌も1冊で
1つの構成になっていますよね。

しかも広告を含めた。

おそらく

雑誌の企画自体も

掲載広告主と関連があるような
企画にしている事もあると思います。

こんな感じですかね。

・ネット

・本

・雑誌

この3つを、

自分が情報発信する際に

使い分けて収集すると、

自然と発信にも
影響してきます。

こんな感じで、

情報発信を良くするために

情報収集の段階から
上手く活用するのをオススメします。

今日の記事が「いいね!」と思ったら、
ポチっとお願いします!

コメントを残す