「賢さ」を出すためには?

さてさて、
久々なんで何を書きましょうかね(笑)

せっかくのでやっぱり
密度の濃いものにしたいです。

メールで情報発信する際の
大切な事的な話をしましょうか。

こういう話が
やっぱり自分しかできないかな
って思ってます。

メールを書いてない期間は、
当然、ネットビジネスをやってました。

しかも、かなり
色々な発見ができました。

主にはサイトアフィリの
広告収入モデルですね。

これは本当にスゴイ。

ここまでの破壊力があるのかと。
改めて思いました。

以前から言ってたと思いますが、

広告収入モデルと
販売モデル。

この2つを並行で
ビジネスをやるのがいいと思います。

広告収入のように、
アクセスを集めれば

クリック課金されて、
チャリンチャリンと収入が増えます。

販売モデルとは
自分が情報を発信することによって

相手の購買意欲を高めて
商品を売り、収入を増やします。

どちらも大切な事なので、
どちらもできるように努力しましょう。

販売モデルの力を高めるためには、

情報発信の説得力を
高める必要があります。

で、情報発信の説得力って
どうするか。

ここで安易に考えがちなのが、
実績に頼るという事。

このへんも以前から言ってるので
省きますね。

実績あっても
説得力の無い人はいます。

逆に

実績なくても
説得力のある人はいます。

確率論的に、
実績ない人の方が多いのだから、

そんな中で、
いかに説得力を持たせるようにするか。

ここを考えるべきです。

そこで、大切なのは、

「相手にどのように思ってもらうか?」

を考えましょう。

で、僕的に答えが出ました。

それは

「賢」です。「賢」。

そう、「賢い」です。

要するに人は、
「賢い人」に惹かれるのです。

賢い人の発信には
説得力があるという事です。

ましてやネットビジネスなんてのは、

文章(テキスト)が多くをしめてます。
最近では動画がメインですが。

文章だったら文章力。

動画だったらプレゼン力。

これらってどっちも
「賢さ」をアピールしやすい場なんですよね。

文章なんて特にそう。

「あ、コイツなんか・・・
 賢そうだな・・・」

って思いませんか?

僕も結構そう言われます。

「アラシさんは
 すごく頭が良い人だと思います!」

的な。
お会いした事もないのに(^_^;)

もちろん嬉しいですけどね♪

僕のように
実績をなんら公開してなくても

こう思われるのは、
やっぱり「賢」をかもし出してるからなのです。

では、どうやったら
これができるのか。

いいですか?
誤解のないように。

本当に
「賢い人」である必要はありません。

「賢い人」と思われれば良いのです。

では、その方法を伝授します。

方法は2つあります。

あ、何でもそうですが、

世の中の方法は
全てこの2つに分かれます。

それは
『直球』と『変化球』です。

直球というのは
要は王道ですね。

変化球というのは
どちらかというと邪道?

別に悪い事ではないですが(笑)

「賢い人」と思わせるには

直球(王道)で行けば、
言葉遣い、言葉の選択、などなど。

小難しい言葉を
使えばいいと思います。

よくあるカタカナのビジネス用語とか
使えばいいんじゃないですかね。

これはつまり『知識』です。

知識から生まれる表現になります。

ただ、直球というのは
評価にあまり差が出ません。

プロ野球で言えば、
今や直球は160キロが出る世界です。

145キロくらいでは
早いとは言えなくなって来てます。

そんな中で、
145キロ程度の投手が

「オレ、ストレートに自信があります!」

なんてのは武器にならないんです。

「賢い」のも一緒。

知識を入れるのもいいが、
入れるなら160キロ級でなければいけない。

という事になります。

だから僕がオススメするのは
『変化球』ですね。

これは本当にカンタン。

それは、
誰も知らないような知識を
言えばいいだけです。

ね?

カンタンでしょ?

僕が言った例を出しましょう。

以前僕は、
こんなブログ記事を書きました。
●本当の『オリジナル』とは?

ここで、
こういう話をしました。

「物語というのは、
 かの有名なシェークスピアが作った
 13パターンの物語で全て出尽くしたと言われてます。」

つまり、

シェークスピアの13個の物語パターンで
すでにパターンは終了してるので、

あとは組み合わせで
オリジナルが生まれるという話。

どうです?

自分で言うのもなんですが、
中々の話ではないでしょうか?

「お、コイツ賢いかも・・・」

って思ってくれそうですよね。

これを逆に王道で言うと、

「オリジナルというのは
 他人と差別化する事であるので、
 自らの強みを理解し、
 うんちゃらかんちゃら・・・」

みたいな。

どっかのビジネス書やブログで
書いてるような内容になっちゃいます。

だから、
誰も知らないような知識って
結構大事なのです。

正直に言っちゃうと、

その知識が合ってるかどうかも、
ほとんどの人もわからないですから(笑)

さっきのシェークスピアの話も

たしか13だったような・・・
あれ?15だっけな?

ってレベルです(笑)
ぶっちゃけ。

最近では「雑学王」みたいな
テレビ番組も流行ってるし、

そういうサイトもいっぱいあります。

それらを、
情報発信の際に入れ込んでみる。

本当に伝えたい事に
軽く絡ませて入れ込んでみる。

そうすると、
関係性が作られますよね。

それを意識して

とにかく「賢い」という
印象を作れるように。

武器となる変化球的な知識を
色々持ち合わせておきましょう!

今日の記事が、「いいね!」と思ったらクリックお願いします☆

数々の有名社長をゴボウ抜きして
僕は社長じゃないのに(笑)現在第●位です ⇒ 

コメントを残す