攻撃は守備から始まる

今日は、

「失敗の数」

というお話をします。

なんか
ネット起業家がよく言うような
『マインド的な』話でしょうかね。

ここ最近は、
あるブログサイトを
中心に運営してました。

まあ、無料ブログなのですが、
そのブログ内のランキングがあり、

僕のブログが
常に全体の10位以内に入ってます。

開設して1ヶ月も
経ってないんですけどね。

これを1日の
朝と夜に集中して
色々作業してました。

だからメールが書けませんでした。

というまた言い訳(^_^;)

で、
かなり自分で作業してみて
色々見えてきた事があります。

僕って仕事には効率を
すごく求めます。

「効率を求める」
「効率化する」

って具体的に
どういう事なんでしょうね。

僕はつまりは

「無駄を削除する」

という事だと思ってます。

企業というのは
売上を上げる事も大切だけど、

最終的には
利益を上げる事が大切ですよね。

これは経営者によって
手法が変わってくる事なのですが、

売上を上げて利益を上げるか
コストを下げて利益を上げるか。

これはどちらも正解で、
やり方の違いなだけです。

ただ、僕が最近思うのは、

売上を上げるのも
コストを下げるのも

結局は
『やり方』も一緒なんだと。

最近僕が無料ブログを運営していて、

アクセスを集める方法を
模索してました。

で、あるメガサイトへの
露出方法を発見してから、

そこに集中して
仕組みを作ってました。

そこでまずは、
作業量を増やします。

例えば露出する枠が
5つあるとします。

その5つの枠を独占するために
作業量を増やしてやってみるのです。

5つ独占した場合は、
間違いなく最高のアクセスを集めると
予想できますよね。

でも、実はあまり
アクセス数は変わらなかったのです。

その原因を調べてみたら、

1つの枠からのアクセスが
ほとんどを占めていたのです。

その5つの枠は
ランキング形式になっており、

つまりは
1位の枠からのアクセスが
大半を占めていたという事です。

このデータから判断すると、

1位の枠さえしっかり確保すれば、
アクセスを集める事ができる。

逆に、
2位~5位の枠は
捨てても良いという事です。

2位~5位の枠を確保するための
作業量も結構かかってました。

なので、
その枠を捨てれば

その作業量をカットする事が
できますよね。

そうすると、
1位の枠を確保するためだけの
作業量で済みます。

さて、ここからです。
大事なのは。

作業量をカットする事ができたら、

その分作業量を
増やす事ができるという事ですよね。

コストを下げると
売上を上げる作業量を
増やすという事に直結するのです。

だから
コストを下げるのと
売上を上げるのは同じであり、

順番で言えば
コストを下げる事から始まると思います。

コストだの売上というと
ピンと来ないかもしれませんね(^_^;)

僕は経営は
スポーツの攻撃と守備と
一緒だと思ってます。

あ、そういえば最近、

スラムダンクをYouTubeで見つけて
また感動して泣いてました(^_^;)

その例え話を使いましょうか。

最強の敵
山王工業との試合で、

一時は20点ほど
離された時がありました。

みんなが諦めかけてた時、
安西監督が桜木に指令を出します。

その指示はこう。

「ディフェンスリバンドを取り、
 シュートを決める。」

僕もうる覚えですので
ザックリですよ(^_^;)

これはどういう事かというと、

桜木のリバウンド力は
相手の+2点を奪う働きだと。

相手がシュートを打ち、
外れた時、

リバンドまで取られて
そのまま点を入れたら2点です。

でもそこで、
リバンドを桜木が取れば、

本来敵が入れるはずの
2点がなくなるので
-2点の働きとなります。

そして、
そこから攻撃に切り替え
そのまま点を入れれば+2点。

つまり桜木は
合計4点分の働きをすると。

こうやって安西監督は
桜木の気持ちを高ぶらせるのです。

これも同じじゃないですか?

要するに守備を強くさせると
自然と攻撃も強くなるという事なんです。

だからどんなスポーツでも
監督の多くは守備から徹底させます。

相手が守備をしてる時に
攻撃をするよりも、

相手が攻撃してきてる状態を守り、
そこから切り替えて攻撃する方が、

チャンスになりやすいので。

これと一緒なのです。

余計わかりづらかったかな(^_^;)

要するに仕事というのは、

いかに無駄を削除するか。

無駄がなくなればなくなるほど
時間が増えます。

やるべき仕事の時間が増えるのです。

無理にその時間を
増やそうとしなくても

無駄な時間を減らせば
自然と増えるという事です。

そしてその無駄を見つけるのは

作業量と作業時間を増やすという
一見、矛盾してる関係にあるのです。

このバランスですね。

全てが繋がり、
連動していると思います。

そんな事を最近は
考えるようになりました。

自分なりにガッツリ仕事してるから、
そういう視点になるんですよね。

無駄な時間を見つけるために
無駄かと思われる作業量をこなす。

参考にしてみてください!

今日の記事が、「いいね!」と思ったらクリックお願いします☆

数々の有名社長をゴボウ抜きして
僕は社長じゃないのに(笑)現在第●位です ⇒ 

コメントを残す