逆算と仕分け

今日は『逆算』と『仕分け』の話。

ビジネスで成果を出すためには
逆算と仕分けの考え方が必要です。

しかもこれは
どちらも必要な事です。

逆算というのは
物事を逆から考えるやり方ですね。

ビジネスで言えば、

最終的にこれくらいの入金が欲しいから

まずはこうする。
次にこうする。
そんでもってこうする。

というように、
ゴールから逆算して考えます。

これはよく聞く話ですよね。

では『仕分け』。

レンホーさんで有名になった言葉なので、
ちょっと使ってみましたw

しかも今さらww

つまりは『分ける』という考えです。

実はこれがすごく大事なのです。

以前から何度も言ってますね。

『集客』か『収益』か。

この2つだって全然違います。

集客のためにすべき事と
収益のためにすべき事が違うのです。

だから考え方も行動も
仕分けをしなきゃいけないのに、

みんなごっちゃにしてます。

ごっちゃとは中途半端という事。

中途半端なものに成果は出ません。

だから多くの方は
成果が出ないのです。

そしてさらには、

集客と収益と分けた中に

さらに『逆算』して
また『仕分け』して

という作業を繰り返すのです。

だから常に

逆算して仕分けする。

この2つをセットで考えていくのです。

特にSNSがそうですよね。

ブログ、ツイッター、フェイスブック。

みんな同じです。

集客するのか。
収益化するのか。

しっかり仕分けするのです。

特にこれらSNSは
『投稿』という仕事がメインです。

では、
なんのために『投稿』をするのか?

集客?
収益?

入金から、逆から逆から考えます。

特にインターネットビジネスというのは、

複数の仕掛けを
連動させる事で成果を出すものです。

ツイッターを例に出しましょう。

ツイッターを集客媒体にするか。
ツイッターを収益媒体にするか。

というのがありますよね。

集客媒体にするなら、

最終的には
クリック誘導が目的になります。

クリック誘導してもらうための
投稿内容、投稿回数、時間などを
考える必要があります。

収益媒体も考え方は同じ。

そのアカウント自体を
キャッシュポイントにして、
完結してしまうのです。

この場合は、

1アカウント自体を
集客アカウントにするか、
収益アカウントにするか。

という事になるのです。

やはりオススメは
1アカウント1テーマです。

集客なら集客。
収益なら収益。

こうやって
仕分けされたアカウントを連動させて、

最終的にキャッシュポイントに
到着させる。

こういう仕掛けを作るのが、
ネットビジネスなのです。

このイメージを理解しておくのは
まずは大切な事です。

イメージができていれば、
時間がかかるかもしれないが、

モチベーションの維持ができます。

そして、成果が出る時は
爆発します。

徐々に右肩上がりではなく爆発です。

仕分けした全ての仕掛けが
一気かみ合うからです。

入金からのお客さんの行動を逆算して
イメージをして、

その行動ごとに仕分けをして、
ごっちゃにしないで仕掛けを作っていく。

これを参考にしてみてください♪

今日の記事が、「いいね!」と思ったらクリックお願いします☆

数々の有名社長をゴボウ抜きして
僕は社長じゃないのに(笑)現在第●位です ⇒ 

2013年3月29日 逆算と仕分け はコメントを受け付けていません。 ブログ