仕掛けられても仕掛け返す

久々のブログなので、
濃い内容にしようかと思います。

今日は無料オファーについて。

僕の初回メール講座に
参加して頂いたらわかるように、

僕は一番初めに無料オファーで
成約する事をオススメしてます。

これは

短期的視点と長期的視点。
仕掛ける視点と仕掛けられる視点。

このように2つずつに分かれます。

無料オファーという企画自体は、
完全に仕掛ける側が得をする企画です。

まずはこれを理解する。

無料でメールアドレスを
登録してもらったら

300円も貰えるなんて・・・

なんてお得なんだ!!

って、
単純に思ってはいけません。

それはあくまで
仕掛けられる側の視点です。

でも、実際に
1件で300円。
100件で3万円。

お小遣いとしては十分かもしれません。

短期的な視点ならば
それでオッケー。

ましてや今まで
お金を生み出した事がない人は、

それだけでも十分な成果です。

だから僕は、
はじめに無料オファーで成果を出す事を
オススメしているのです。

ただ、あくまでも

仕掛ける側の視点を理解した上で、
短期的な視点で行うという事です。

いつも僕がオススメしている最終型。

『メールでビジネスをする』

というもの。

最近僕は

「ビジネスをする」

という表現をしています。

「売る」

というわけではないのです。

「ビジネスをする」
というのは、

「有益な情報を発信する」

も含まれてるのです。

メールで有益な情報を発信する事を
まずは意識します。

そして、当然その中に
有益な商品があるのであれば、

自信を持って紹介すれば良いと思います。

そしてそれが、

無料オファーの案件であっても
質が良いのであれば

自信を持って紹介するべきです。

そこで、

無料オファーの成約というものを
ちょっと考えてみましょう。

たとえば、
自分のメール読者に紹介して
成約する場合。

これが一番成約率が高いでしょう。

なので、
メール読者が増えれば増えるほど
成約数も上がります。

当然自分の報酬も上がります。

ただ、デメリットとして、

自分の読者に
無料オファーをしている人からの
メールが届くようになります。

まあ、「デメリット」と
言っては失礼かもしれませんが(^_^;)

でも無料オファーというのはそういう事。

仕掛けている側が
メール読者を増やす仕組みなので。

そのデメリットを考慮した場合、

僕自身は、
自分のメール読者に
無料オファーを紹介するのは

長期的に見ると良くないと思ってます。

語弊のないように。

『長期的に見ると』ですからね。

まずは短期的に無料オファーで
資金を作り、

その資金を使いながら
長期的な作戦を立てていくのがベスト。

これが

「短期的」「長期的」

といった視点の話ですね。

では次に、

「仕掛ける」「仕掛けられる」

という視点。

無料オファーは
あくまで仕掛ける側が得する企画です。

という事は、

『無料オファーを紹介する側』が

イコール
『仕掛けられてる側』になるのです。

「仕掛けられてる」なんて

ちょっと気に食わないですよね(笑)

だったらどうするか。

こっちが仕掛けちゃえばいいんです。

「ほうほう、キミ、いい度胸してるね。
 この僕を仕掛けてるわけね。

 じゃあ逆に
 僕もキミを仕掛けてやろうじゃないか」

ってね(笑)

その具体的方法が、

「捨てアドレスを登録させる」

というやり方です。

これは実際、
多くの人がやってますよね。

「メールアドレスを登録してください」

というオファーに、

何もいつも自分が使っている
メインのアドレスを登録する必要はありません。

適当なアドレスを作って登録するのです。

それでもしっかり
300円の報酬はもらえますから。

どうです?

仕掛けてる側に対して、

まさかのカウンターパンチの
ようなものじゃないですか(笑)

仕掛けられても
仕掛け返してやればいいんです(#^.^#)

まあ、実際のところ
僕はこの手法自体はあまりやりません。

陰でこっそりやってますが(笑)

でも大事なのは、

「仕掛ける」「仕掛けられる」を
意識して考える事です。

まずは自分が
「仕掛けられてるな~」と気づく事。

そして、

ではどうやったら自分が
「仕掛ける側」に立てるのかを考える事。

その結果、さっきの
「捨てアドレスを登録させる」
という手法が生まれるのです。

この一連の
考えの流れが大事という事。

この考え方ができれば

いろんなビジネスの場面で
新しい発想が生まれますからね。

ささ、実は無料オファーで
もう一つ意識してほしい事があります。

それはまた明日にでも
お話しましょうかね♪

今日の記事が、「いいね!」と思ったらクリックお願いします☆

数々の有名社長をゴボウ抜きして
僕は社長じゃないのに(笑)現在第●位です ⇒ 

コメントを残す