実績公開を逆算して行動する

さて、今日は
実績公開についてお話します。

ちょっと前のメールで、

「自分の実績を公開するな」

的な話をしました。

あれから、
ちょっと質問メールも来ましたので、

もう少し詳しくお話します。

自分の実績を公開しても良いです。

むしろ公開した方が良いです。

どないやねん!(怒)

ってずっこけないでくださいね(^_^;)

う~ん、、、

どうやって説明すれば良いかな。。。

本来であれば、
自分(自社)の実績を公開するなんてのは、
当たり前の事なんですね。

ただ、いかんせん

このネットビジネス業界の
実績の公開の仕方が危険なので、

僕もこうして話してるだけです。

ちょっと極端な例を
話しましょうか。

たとえば
ブログでもメールでもいいのですが、

「月100万稼ぐ方法を教えます」

という情報を見つけたとします。

今の時代では
「怪しすぎるわ」ってなるかも(笑)

でも本音はというと
ちょっと気になりますよね。。。

で、

「その方法を教えてあげるので
 1万円払ってください」

と書いてあります。

ふむふむ。

教えて欲しいので1万円払います。

で、
その方法を楽しみにして、
見てみます。

すると、

たったの1文だけ、
こう書いてありました。

「私と同じことをしてください」

・・・

ん?

それはつまり、
自分がとった行動を
他の人にも同じようにさせるってこと?

自分はまず
この情報をブログで見た。

という事はブログを作るってこと。

で、そこに、

「月100万稼ぐ方法を教えます」

「金額は1万円です」

と書くってこと。

で、入金してくれた人に、

「私と同じことをしてください」

と書くってこと。

・・・

極端な例ですが、

こういうのが危険だという事です。

実際これで
毎日3~4人入金されれば
月100万ですよね。

その、毎日3~4万円
入金される報酬画面なんかを見せる。

これこれ!

この報酬画面の見せ方が
やってはいけないという事です。

伝わってますかね。

クロージングした相手からの
もらったお金を

『実績』として公開し、
さらに別の人間をクロージングする。

これが危険。

「やってはいけない」というか

「仕掛けられてはいけない」
「気づいてください」

という受け手側へのアドバイスですね。

このあたりは
本当に気をつけてください。

さて、それとは逆に、

実績を公開するために行動する。

というのをオススメします。

はじめに言ったように
実績はやはり公開すべきです。

頑張った結果、

「実績が出来て公開する事が出来た」

というのも良いのですが、

はじめから

「こういう実績を公開する」

という目標を決めて
逆算して行動すると効率的ですよね。

そのように
先に考えてみると

実績なんてのは色々あります。

ただの『魅せ方』でもありますので。

ちょっと例を出すと、

『成約率』

という実績も面白いですよね。

クリックした人数に対して
どれだけの人が購入したかの割合です。

この実績って、

「成約能力がスゴイ」

っていう印象になりますよね。

メールやブログで成約しているのであれば、

「文章力がスゴイ」
「ブログ構成がスゴイ」
「運営者の魅力がある」

とかそんな感じですかね。

でも、これも
ちょっとやらしい話をしますね(笑)

あくまで
「仕掛ける側」か「仕掛けられる側」かで
考えてください。

『成約率』というのは

クリックした人数に対して
購入した人数の割合です。

あたかも

「購入した人数が多い」

という印象を受けるかもしれませんが、

そもそもの

「クリックした人数」が少なくても

成約率を上げることができますよね。

たとえば『成約率50%』

10000クリックで
5000人購入でも50%。

2クリックで
1人購入でも50%。

という事は・・・

『成約率が高い』という
実績を公開するのであれば、

あらかじめ
クリック数を低くすれば良いのです。

「クリック数を低くする」というのは、

「クリックする人を絞る」という事。

メールであれば、

興味のある人にだけ、
限定の登録フォームを作ったり。

興味のある人にだけ
限定のランディングページを作ったり。

そうやって、
購入する可能性がある人にだけ
クリックをしてもらえれば、

自然と成約率は上がります。

という事は、
はじめからそのような仕組みを作っておく。

実績公開を目標として
逆算した行動とはそういう事です。

いかがですか?

なんともまあ、
やらしい話ですけどね(笑)

ただこれも

「仕掛けるか」
「仕掛けられるか」

それだけの話です。

実績を公開する事を目標にして

逆算して行動をするのは
非常に効率的です。

それを考えると
今日の事例は
他でも色々応用がきくと思います☆

今日の記事が、「いいね!」と思ったらクリックお願いします☆

数々の有名社長をゴボウ抜きして
僕は社長じゃないのに(笑)現在第●位です ⇒ 

コメントを残す