まずはFacebookの機能を知る

さてさて、

では今日はFacebookについて
お話しましょうか。

僕がFacebookについて話するのは
初めてなんじゃないですかね。

軽く触れたことはありますが。

実は僕は
Facebookもやってます。

隠れてこっそり成果も出してます。

そう、僕は基本的に

隠れてこっそり
動いてる陰険な奴です(笑)

僕のアメブロを
見ていただいてもわかるように、

別にTwitterやFacebookの
リンクもありませんが、

色々他にも運営しているのです。

しかし、

表に出さないだけであって、
隠れてこっそり陰険な事をしてるんです。

さて、Facebookについて。

これはそもそも

「Facebookは何が優れているのか」

これを理解しましょう。

答えはカンタン。

『拡散力』です。

つまりは

自分が発信した情報が
圧倒的に影響力を及ぼす

という事です。

『バイラル効果』

とも言われます。

「バイラル」とは
「感染的な」という意味で、

人から人へ『口コミ』で伝わり
ウイルス感染のように
情報が広がっていくようなイメージ。

ここまでさらっと説明しましたが、

キーワードは2つ。

「拡散」と「口コミ」です。

なぜそこまで「拡散」するのか。

それは
Facebookの機能にあります。

「いいね」や「シェア」。

ニュースフィードや
タイムラインの仕組みなど。

他のSNSとは違い、

自分の発信した情報が

『他の人が見る機会がが増える』

という優れた機能になってます。

露出が増える仕組みというわけです。

次に「口コミ」

Facebookが出てくる
もっともっと前から、

「口コミ」というのは
非常に注目されてました。

最も信頼性のある情報は、
『広告』ではなく『口コミ』だと。

そう言われていたのです。

企業がどれだけお金をかけて
大々的な広告をしても、

仲の良い友達からの情報には勝てない。

だからこそ、

『口コミを起こさせるような仕組み』を

作るべきだ。

というような
マーケティングもあります。

口コミは最強なのです。

その口コミが
ネット上で起きるものが、

まさにFacebookなのです。

ネット自体が
低コストで拡散性のあるものですが、

唯一、「信頼性」という部分では
少々弱い媒体でした。

そりゃそうですよね。

ネットでは顔も素性もわからないですから。

しかし、Facebookでは

実名性にして、
現実的な世界をそのままネットに
したような場になってます。

という事は、
より人間関係が現実的なものになってます。

となると当然、
「口コミ」がネット上で行われます。

さらには、先ほど言ったような
「拡散する仕組み」まであります。

信頼性があり、拡散性もある。

これは当然、
最強の広告媒体となるという事です。

さて、ここまでは
そこらへんのFacebookの本に
載ってるような話です。

ここからが大事な話。

Facebookは
口コミで拡散する仕組みが優れてるので、

当然、活用すべきですよね。

ではどうやって活用するか。

ここからが
僕のノウハウになってきます。

『人を魅了する』

という事をしなければいけません。

これはいつも言ってますが、

最終的にビジネスをするのは『メール』です。

Facebookは売る場に適してません。

Facebookは

自分を知ってもらう場。
自分の情報を拡散してもらう場。

でも

拡散してほしい
『自分の情報』って何?

という事になります。

それを勘違いして

自分の商品を紹介したり
アフィリエイをしたり
自分の熱い想いを紹介したり

してしまいます。

『自分の熱い想い』

これも発信してはいけないですよ。

ちょっと誤解のないように。

自分の熱い想いを発信しても
いいのですが、

僕がいつも言うバランスです。

Facebookは本来、

『自分の熱い想い』的な内容は
適してない場なのです。

たまには良いですが。

だったら、

どんな情報を発信したらいいのか。
情報を発信したその先に何をするのか。

そもそも
受信してくれる人は
どうやって増やせばいいのか。

これを意識して実践すれば
Facebookを活用することができるんですよね。

おっとこれ以上書くと
また長くなってしまうので、

この部分を
詳しく知りたい方はメッセージくださいね♪

今日の記事が、「いいね!」と思ったらクリックお願いします☆

数々の有名社長をゴボウ抜きして
僕は社長じゃないのに(笑)現在第●位です ⇒ 

具体的な収入の増やし方は、無料メールレターでお伝えしています。

アメブロは何かと規制が厳しいので(笑)
コチラでは色々なお得情報を発信してます♪

⇒ 『業界No.1男前(自称)が届けるトゥルーライフ実現メールレター』

コメントを残す