あえて批判してオチを用意

昨日の可愛がってもらってる
社長さんと飲みに行きました。

ロールスロイスファントムに
乗らせていただきましたが、

相変わらず
乗り心地が良いのか悪いのか(^_^;)

それで、その社長と
キャバクラ(というかクラブ?)に
行く時もありますが、

普通に食事をする時もあります。

でもその時も
誰かしら女の子がいます(笑)

社長にとっては知り合いだけど、
僕はいつも初対面(^_^;)

昨日も結局は
男3女3の合コンみたいなもんになってましたw

今日は
その時に気づいた話です。

ネガティブな話をするなら、
必ずオチはポジティブにする。

これって凄く大事だと思います。

以前僕はこのメールで、

『妻がいる男性』を例に挙げて、
好感を得る手法を教えました。

これはつまり、

『自分を下げて妻を上げる』

こうすることにより
結果的に自分の好感度が上がるのです。

今日は、それの
もうちょっと深堀りした話になるのかな。

「人を批判してもよいが
 結果的にその人が上がるようにする。」

これを僕はオススメします。

昨日の飲み会でもそうだったんですよ。

ま、男女が揃えば

「彼氏がどうだ」
「彼女がどうだ」

という話になります。
僕は苦手ですが(^_^;)

そこで、やはり

女性が話す内容は、

「彼氏と上手くいっていない」

的な内容がほとんどです。

これ、どうなんですかね。。。

僕個人の意見では、

「彼氏が大好きです!」

的な話の方が
面白いのではないかなと思います。

前にも言いましたが、

逆に男の場合は、

「嫁を愛してます!」

というよりも

「鬼嫁にいつもいじめられてます!」

と言った方が共感を得られるんですよね。

まあ、これが今日お伝えしたい
テクニック的な話につながるのですが。

「彼氏と上手くいっていない・・」

と言ってる女性は、
本当に上手くいってない場合が多い。

そういうネガティブな話というのは

やはり『場』が
一瞬止まります。

リアクションに困る感じですかね。

だからそういう発言をするのであれば、

結果的に
ポジティブなオチを用意すべきだと思います。

「でもこの前プロポーズされました♪」

みたいな。

って
全然面白くないオチですみませんが(笑)

オチと言っても
お笑いのようなレベルの高いオチではなくてね。

しかもこの時は
ただの飲み会なので、

どんな発言してももちろん良いです。

ただ、僕らは
こうやって情報発信、

しかも文字で伝えるので、
オチは意識しなければいけません。

オチというのはつまり、

「最終的に読み手はどう感じたか」

という事っです。

最終的にネガティブな受け方をすると、
気分悪いですよね。

伝えたいメッセージも
伝わらない可能性があります。

これを意識して
ちょっとテクニック的なお話。

でも、ネガティブな内容というのは
仕方がない部分もあります。

というかネガティブなの部分というのは
みんな持ってるし、
みんな実は共感しちゃうんです。

だから、
あえてそれを利用するというテクニックです。

ネガティブというか
要は、『批判』ですね。

なんだかんだで
みんな『批判』してませんか?

グチもそうです。

仲の良い友人との話の時も

会社員の飲み会の時も

なんだかんだで『批判』するのは
気持ちよかったりするんですよね。

話のネタの多くは
『批判』だったりするのです。

だから
『批判』は共感を生むのです。

なんか悲しい話ですが(^_^;)

だから、共感を得るために
批判をするという事もできるのです。

今思えば僕は

小学校の作文とかで
このテクニックを使ってましたよ(#^.^#)

たとえば、

「今日先生に怒られました。
 すごくムカつきました。
 なんで僕だけ怒られなければいけないのか
 まったくわかりませんでした。
 でも良く考えたらやっぱり自分が悪かったのです。
 今では先生にすごく感謝してます。」

こんな感じかな。

まずは先生を批判する。

先生を批判したい気持ちは
みんな一緒だから共感します。

しかしオチとしては
先生に感謝してます。

それにより、
先生を批判するという
ネガティブ(共感)な内容と

結果的に
非を認め向上していく自分を描く。

これを小学校の時に
実践していたという・・・

嫌なガキですね(笑)

これと同じです。

あえて批判をして共感を得て、
フォローしたオチでさらに共感。

ただこれは、

フォローしたオチが
やっぱり大事になってきます。

フォローになってなかったら、
ただの批判で終わります。

ネガティブなままで
終わると読み手は気分が悪いので。

だからやり方としては、

最終的なオチのメッセージが
しっかり確立している場合、

そこに至る過程に
遊び心で批判してみる。

そんな感じで良いと思います。

ちょっと試してみてください☆

今日の記事が、「いいね!」と思ったらクリックお願いします☆

数々の有名社長をゴボウ抜きして
僕は社長じゃないのに(笑)現在第●位です ⇒ 

具体的な収入の増やし方は、無料メールレターでお伝えしています。

アメブロは何かと規制が厳しいので(笑)
コチラでは色々なお得情報を発信してます♪

⇒ 『業界No.1男前(自称)が届けるトゥルーライフ実現メールレター』

コメントを残す