1日3記事書くテクニック

昨日のブログが意外に好評でした。

サザンやミスチルの古い話をしたのですが、
以外に理解してくれる人が多くて、

メールやブログメッセージをいただきました♪
昨日の記事はこちら

今日はこの流れで、
ちょっとテクニック的な話をしましょうか。

あまりテクニックというのは
好きじゃありません。

テクニックというのは
『軸』ありきだから。

軸が無いのにテクニックを求めると
本当にしょうもない結果になってしまいます。

そこは十分注意してくださいね。

読者の方とやり取りする中で、
やはりメールを書く内容に困るというのが多いですね。

まあ、当然です。

僕だっていつもいつも
ぽんぽんネタが出てくるわけではありません。

ではここで、
テクニックというか
『取り組み方』を教えます。

まず、メールだったら毎日。
ブログだったら1日2~3記事。

このくらいの頻度で書いていると、
色んな意味でブランディング効果になります。

自分の成長にもなります。

でもそんなに書くのは大変。
ネタがない。

そういう時、
もうちょっと広い視野を持って、
作戦を立ててみましょう。

たとえばブログだったら、

1日3記事でも書いてれば
アクセスアップになります。

記事も蓄積され、
ページランクも上がるでしょう。

これは紛れも無い事実なので、
絶対にやるべきなんですね。

僕は1日2記事ですが(^_^;)

こういう時に、
『大』と『小』のバランスです。

1日3記事を書くとしたら、
別に120%の記事を
3記事も書く必要ありません。

飲食店でいう、
年がら年中定番メニューをやってるようなもの。

サザンやミスチルが、
いつもバラードを歌っているようなもの。

だからこれを、

『大』を1記事
『小』を2記事

という風に考えます。

『大』はメイン(軸)なので、
軸に沿った情報発信を。

『小』ももちろん軸に沿うべきなのですが、
ちょっと外してみる。

たとえば、
僕のようなビジネスの情報発信の場合、
読者は意識の高い人が多い。

そういう方々のために、
ビジネスの名言・格言を発信する。

ちなみに僕のアメブロがそうですよね。
毎日名言の記事があります。

最悪、これだけなら
毎日記事が途切れることがありません。

メイン記事(『大』)が書けない時でも
補うことができます。

別に名言じゃなくてもいいと思います。

なんでしょうね。

芸能ニュースでもいいし。
日経新聞記事でもいいし。
好きな音楽でもいいし。
自分の日課でもいいし。

要するに記事が途切れないものって
絶対あるはずなんですよね。

それを書けばいいじゃん。

確かに、
それをそのまま書いても面白くない。

だから、それをちょっとアレンジする。

芸能ニュースに
自分の体験や意見を交えてみる。

結局、
『自分』が情報発信してるんだから、
『自分』と関連させること。

『窓口』は『自分』なんだから。

こうすれば、
1日3記事って結構簡単にできますよね。

『大』1記事、
『小』2記事です。

アフィリエイトブログを運営している人でも同じです。

アフィリ関連1記事、
別の話題2記事でもいいじゃないですか。

大切なのは
『役に立つ情報発信』を『意識』する事。

役に立つ情報といのは、
自分が考えたものじゃなくていいですよね。

他人が発信したものでも。
そこらへんのニュースでも。

人によっては役に立つ情報です。

それをさらに、

「役に立ってもらうためにはどう表現するか」

という『意識』があれば、

『ただのニュース』を『役に立つ情報』に
変えることができますから。

こんな感じで、
広い視野で作戦を立てるといいですよ。

考え方は
『大』と『小』のバランスです。

今日の記事が、「いいね!」と思ったらクリックお願いします☆

数々の有名社長をゴボウ抜きして
僕は社長じゃないのに(笑)現在第●位です ⇒ 

具体的な収入の増やし方は、無料メールレターでお伝えしています。

アメブロは何かと規制が厳しいので(笑)
コチラでは色々なお得情報を発信してます♪

⇒ 『業界No.1男前(自称)が届けるトゥルーライフ実現メールレター』

コメントを残す