ニールス・ボーア生誕127周年

今日のGoogleは『ニールス・ボーア生誕127周年』。

$起業家じゃないのに起業家よりも起業家的なライフスタイル

「ニールス・ボーアって誰やねん」という方はコチラ

ニールス・ボーアは、1885年10月7日生まれ、
「量子論の育ての親」と呼ばれるデンマークの理論物理学者。

前期量子論の展開を指導、量子力学の確立に大いに貢献しました。

1911年にマンチェスター大学の
アーネスト・ラザフォードの元で原子模型の研究に着手。

マックス・プランクの量子仮説を
ラザフォードの原子模型に適用して、
1913年にボーアの原子模型を確立。

原子物理学への貢献により1922年にノーベル物理学賞を受賞。

※Wikipedhiaより

余計なんのこっちゃわからへんかもしれませんが、
量子力学としてはどちらかと言うとアインシュタインが有名かもしれません。

アインシュタインの名言
「神はサイコロを振らない。」という名言は、

実はこのニールスに対して放ったもの。
「神がサイコロ遊びのようなことに頼ると思います?」
という皮肉。

それに対してニールスは、
「アインシュタインよ、
神が何をなさるかなど、注文をつけるべきではない」
という論争があったとの事。

中々バチバチの二人だったようですね。

今回のGoogleロゴには
量子現象をイメージさせるデザインとなってます。

それにしても、量子力学・・・
懐かしいな~♪

この時代に僕も生まれていたら、
この2人とバトッっていたでしょうね。

今日の記事が、「いいね!」と思ったらクリックお願いします☆

数々の有名社長をゴボウ抜きして
僕は社長じゃないのに(笑)現在第●位です ⇒ 

具体的な収入の増やし方は、無料メールレターでお伝えしています。

アメブロは何かと規制が厳しいので(笑)
コチラでは色々なお得情報を発信してます♪

⇒ 『業界No.1男前(自称)が届けるトゥルーライフ実現メールレター』

コメントを残す