『自由』は『NGワード』

さて、今日お伝えするNGワードは

『自由』です。

自由ってなんなんでしょうね?

「自由になりたいな~」

「自由はいいよ~」

「まあ、オレは自由人だから」

とかよく聞きますよね。

『自由』というのは魅力的とみなされてます。

とりあえず辞書を引いてみました。

1 自分の意のままに振る舞うことができること。
また、そのさま。

2 勝手気ままなこと。わがまま。

3 《 freedom 》哲学で、消極的には他から強制・拘束・妨害などを受けないことをいい、
積極的には自主的、主体的に自己自身の本性に従うことをいう。

うん。

自由っていいね。
素晴らしいね。

って確かになりますよね。

僕も自由は良いと思います。

ただ、
これを成功者が魅力的に伝えることに
僕は危険だと思うんです。

「成功した俺のように自由になろう!」

って言うのは危険です。

これが、僕が常に言っている
教育の際に気をつけなければいけないこと。

教育者は生徒に、成果を出させるのが目的なのに、

教育者の不用意な表現が、
生徒を、成果が出ない方向へと導いてしまうのです。

『自由』をザックリ噛み砕くと、

①自分の思いのまま(正の欲求)

②規制がない(負の欲求)

ということです。

何が危険かと言うと、
この②の負の欲求ですね。

今、成功を夢見て頑張る人というのは、
①よりも②を魅力的として認識してしまうんです。

『セミリタイア』を目指している人は
『セミリタイア』はできません。

のと同じで、

『自由』を目指している人は
『自由』になることはできません。

②規制がない(負の欲求)

規制がない(負の欲求)というのは、
つまり「これはしたくない」という欲求です。

これに魅力を感じるのというのは、

今後、自分がしなければいけない努力に対しての
理由付けにならないんです。

何か世間とは違うことをしようとした時、
必ず障壁となるものが出現します。

そして、それをいかに乗り越えるかが、
成果を出す鍵となるわけです。

この壁の出現を覚悟して、
むしろ楽しむような人が乗り越えられるのです。

サッカーの本田選手なんかそうですよね。

常に常に壁を望んでます。
壁のある方へある方へ自分を追い込んでいきます。

その先には、
飛躍的な成長があることがわかっているから。

だからあえて自分から行くのです。

ここで、
本田選手の『飛躍的な成長』という部分が大事です。

①自分の思いのまま(正の欲求)
の話をしましょう。

「思いのままにやりたい」
「思い通りにいかなかった~」

ってよく聞きますよね。

ではお聞きしますが、

「思いのまま」ってどういう状態ですか?
「思い通り」ってどういう状態ですか?

・・・

たぶん答えられないと思います。

というか僕が22、3歳とかの頃、
同じ質問されて答えられませんでしたから。

要するに、僕らは所詮
「なんとなく」しか考えてないんですよ。

「これをしたい」という正の欲求に関して、
まったくもって考えが浅すぎるんです。

平和な日本ですからね。
今のままでも別にいいですから。

で、この状態で
『自由』を目指してしまうと、

「これをやりたい」ではなく
「これをやりたくない」という方が魅力的に見えてしまいます。

しかし、
「これをやりたくない」という負の欲求は、
継続できずに必ず失速します。

もともともの欲求レベルが大した事ないから。

「これをやりたい」という正の欲求は、
無限なので継続します。

だからこれを追求しなければいけないのです。

だから、常に自問自答する必要があると思ってます。

今、自分が頑張っているのは、正の欲求か負の欲求か。

『自由』というのは、素晴らしいと思います。

ただ、それは負の欲求ではありませんか?
その場合、間違いなく手に入れることはできません。

というわけで、
それがわかるまでは、『自由』は『NGワード』とします!

あと、僕個人的には、
多少の規制は必要だと思ってます。

これは人それぞれではありますが、
僕は完全なる規制のない状態を望んでません。

なぜなら、
僕は絶対にダレるタイプだと思ってます。
そこに成長を見出せないと思ってます。

特にお金。

我が夫婦はお小遣い制という
画期的なシステムを導入しております。

うちは複数の銀行口座があるのですが、
僕が管理しているものは一つもありません。

たった一つ僕専用の口座があるのですが、
それも僕は『引き出す』ことしかできません。

その口座には、
妻から毎月一定額(世間ではお小遣いと呼ばれている)が振り込まれます。

僕の権限はそれを下ろすだけ。

これは、僕が、お金を持っていると、
変に使ってしまう可能性があるからです。

もちろん
しょうもない遊びで使うことはありません。

よくあるのが間食です。

ここにお金を使ってしまうので、
このままではスクスクお腹のみが成長していく恐れがあります。

『ネットビジネス業界No.1の男前』と呼ばれているので、
メタボは許されないのですわ。

だから
お小遣い制を導入してます。

これも規制ですよね。

規制のおかげで幸せです。

妻に感謝です。

こうやって自分に言い聞かせて、
妻との関係を良くしております。

ステキな旦那ですね。

良かった良かった。

・・・

なぜか涙が出てきそうなので、
そろそろ終了します。

ではまた♪

(泣)

(泣)

 

コメントを残す