『危機感』は『NGワード』

さてさて、
今日は、『NGワード』についてのお話です。

今回の『NGワード』は
『危機感』です!

僕にとって、
『危機感』というのはどうでもいいです。

特にこのネットビジネス業界、
『危機感』煽るの多いですよね~。。。

ま、これ、
俗に言う『コピーライティング』の
テクニックでもあるんですけどね。

僕クラスになると、
『コピーライティング』でさえも
『NGワード』ですがww

ま、それはまた後日お話します。

人を動かすために、
危機感を煽るのは、ある種テクニックなわけです。

この業界のセールスレターが
特にそうですよね?

「満員電車って辛くないですか?」

「嫌いな上司に頭下げるのイヤじゃないですか?」

「突然、リストラされたらどうするんですか?」

「大企業も倒産するかもしれない世の中ですよね?」

「年金って確実にもらえないの知ってますか?」

あと、何かあります?

「いつまで社蓄でいるつもりですか?」
ってのもこの前見つけたな。

でも『社蓄』って
中々面白いコピーだと思います♪

要するに、この業界は、

ヤバいだろ?
ヤバいだろ?

っていう危機感を煽っておいて、

そうなりたくなかったら、
このヤバい状況を、
このノウハウで解決しましょう!!

URL

っていう流れなのです。
この流れはテクニック(マニュアル)なわけです。

でも、これは、
何かを売る時には、確かに効果的な方法です。

だけど、実際に人が動く、

いや、
人が“動き続ける”にはどうでしょうか?

僕は、こんなもんでは、
人は動き続けないと断言します。

つまり、
『危機感』程度では、人は“動き続けない”んです。

だって、
ちょっと考えてみてくださいよ。

そんなに満員電車って辛いですか?(笑)

ま、確かに辛いっちゃ辛いけど。
耐えられなくないでしょ。

そんなに上司に頭下げるのって辛いですか?(笑)

ま、確かに辛いっちゃ辛いけど。
耐えられなくないでしょ。

要するに、実は、この程度の危機感なんて、
あなたにとって大した問題ではないんですよ。

たとえば、
ネットビジネスで稼ぐっていうのは、
そこまで大変ではないですが、
世間の常識をちょっと外さなければいけません。

世間の常識から外れるってのは、
それなりのリスクってのはあるわけです。

リスクってのは、
普通はやっぱイヤですよ。

でも、そのイヤなことを覚悟してまで、
あなたは“行動し続ける”事ができますか?

って話です。

ちょっとは行動できるかもしれませんが、
それをし続ける事はできないと思います。

なぜなら、
動機が『危機感』だから。

今のような平和の日本では、
そもそも『危機感』なんてピンと来ないですよ。

消費税が10%になろうが、

年金が貰えなくなろうが、

国家破綻しようが、

実は、心の中で「なんとかなるだろう」
っていう気持ちがあるんです。

『危機感』なんてのはそんな程度なのです。

『危機感』程度では
あなたの行動は継続できないんです。

だから、
ネットビジネス業界で稼げる人が少ないんです。

そもそもの入り口が『危機感』だから。

「『社蓄』になりたくない!」
なんて、ネットビジネスやる動機にならないんです。

「『社蓄』になっても良い」って思ってるんだから。

さてさて、
ではどうすればよいのか。

カンタンです。

「○○したくないから」という動機ではなく、
「○○したいから」という動機を
作ればよいのです。

よく、『使命(ミッション)』とか言われますよね。

有名な億万長者のクリス岡崎さんは、
『BigWhy(ビッグ・ホワイ)』って言ってました。

Big:大きな
Why:理由

です。

要するに、
世間の常識を外してまで、
お金を稼ぎたいということは、

『大きな理由』が無ければ
行動し続けることができないんです。

その『大きな理由』というのは、
「○○したくないから」なんていう、
『危機感』から来るようなものは、
小っちゃ過ぎるんですよ。

「満員電車に乗りたくない」とか
「上司に頭下げたくない」とか

小っちゃい、小っちゃい(笑)

だから、
「オレは○○したいんだ!」
という

『大きな理由』が必要なわけです。

もし、今現在、
ネットビジネスで思うような結果が出てなくて、
『大きな理由』も無いのであれば、

まずはここから考えましょう。

これを考える作業が全体の8割です。
これが出来れば100%稼げます。

だって、稼げるまでの行動を
やり続けることができますから。

自分の『トゥルーライフ』が
なかなか決まらないのであれば、
いつでも僕に相談してください。

徹底的に一緒に考えます。
それくらい重要なことですからね。

では、『危機感』という言葉は、
今日から『NGワード』です!!

 

コメントを残す