商品作りと自分作りの共通点

昨日までで、
『2STEP起業プログラム100動画講座』
第2章の構成まで出来上がりました。

 

これで50動画完成。

 

今日は第3章、

【飛翔】25動画
自分の方向性を決めて実践
(2STEP起業プログラム実践編)

これを作って行きましょう。

 

第2章では、

『2STEP起業プログラム』の、
概要的な内容を。

 

そして今日の第3章では、

具体的な実践形式の解説です。

 

これも一つポイントですね。

・概要
・具体的方法
・実践形式

という形で、
より読者が実践しやすいように
落とし込んで行きます。

 

あと、
『2STEP起業プログラム』は、

STEP1:YouTube広告収入
STEP2:コンサル販売収入

という流れです。

 

昨日お伝えした第2章の内容は、
プログラムの概要でもあり、

STEP1のYouTubeの解説が
メインでもありました。

 

なので、今回の第3章では、
『2STEP起業プログラム』の
実践的な内容でもあり、

STEP2のコンサル販売収入の
解説でもあります。

 

で、今日は、
25個の項目の前に、

商品作りの基礎的なお話を
中心にしましょう。

 

STEP2のコンサル販売モデルでは、
自分の情報商品を作るようにします。

 

他人の商品を紹介する、
商材アフィリエイトではありません。

 

自分で自分の商品を作り、
自分で販売するのです。

 

これが出来ないと、
本当のビジネスモデルは構築出来ません。

 

大丈夫。
難しくありません。

 

でも、
難しいと感じる人の方が多い。

そこが問題点。

 

その問題点を
しっかり解決してあげる事が、
僕がしなければいけない事。

 

つまりは、
コンテンツ化すべきテーマ。
という事ですね。

 

なのでこの第3章では、
どうやって商品を作るのか?
という解説をして、

読者が、
「なるほど。俺にも出来そうだな。」
と思ってもらえる内容にします。

 

そこで僕は、
この第3章を、また三分割します。

1.方向性を確認する
2.商品作りの基礎
3.自分作りの基礎

という感じの三分割です。

 

それぞれ解説します。

 

■1.方向性を確認する

第2章で、
2STEP起業プログラムの概要を
解説しました。

 

そして、ある程度の全体像が理解して、
では今から何をすべきか?

このスタートがまだわからない状態に
ある事が多々あります。

 

このスタート地点で、
しっかり
第一歩を踏み出せるように。

 

一歩目の方向が違っていると、
全体像のイメージが出来ていても、
進む道を間違える可能性があります。

 

そのため、
しっかりスタートの時点で、
方向性を確認する必要があります。

 

■2.商品作りの基礎

次にここで、
商品作りについての解説です。

 

後々、自分の商品を
作らないといけない事をここで伝えます。

 

当然ここで、
難易度が高いと感じてしまう
可能性もあります。

 

なので、
商品作りがいかに難しくないか。
商品づくりがどれだけ大切か。

このあたりを解説します。

 

あとは、
『商品』というよりも、
『コンテンツ』の意識ですね。

 

コンテンツとは何か?

無料コンテツと有料コンテンツの
違いと役割について等。

 

ここで理解が出来れば、
作り方のイメージが出来るでしょう。

 

■3.自分作りの基礎

そしてこの流れで、
『自分自身の作り方』も解説します。

 

これは主に、
キャラクター設定や、
ポジショニングの話です。

 

ビジネスというのは、
『商品』よりも、
『自分』の方が大切です。

 

要は、
会社のビジョンや、
企業コンセプトのようなもの。

 

企業コンセプトの元に、
商品が作られているのですから。

 

特に僕らは今後、
一人でビジネスをしていく事になります。

 

一人の場合は、

とにかく自分自身が、
『顔』であり、『商品』であり、
売上に直結する要素です。

 

何もしなくても、
立ってるだけで人が集まる人なんて、
そう居ませんよね。

 

だから、

人が集まるような、
人から共感されるような、
『自分』を『作る』必要があります。

 

ただこれも、
商品を作るのと同じやり方です。

 

なので、
商品作りのイメージが出来たら、
自分作りにも取り掛かろう。

という流れです。

 

・・・

こんな感じですね。

 

1.方向性を確認する
2.商品作りの基礎
3.自分作りの基礎

 

これをさらに細分化して、
25動画を作りましょう。

 

25動画の項目に関して、
次回、作っていこうと思います。

 

今日の記事が「いいね!」と思ったら、
ポチっとお願いします!

コメントを残す