三分割して1追加

さて、
昨日から復活した企画、

『アラシがYouTubeに
 100動画アップする』(仮)

 

動画コンテンツの企画の作り方を、
リアルタイムでお伝えしていきます。

 

実際にその企画の中身自体も、
もちろん役立つ情報なので、必見です。

 

昨日は、

企画の大まかな
細分化のお話をしました。

 

たとえば100動画のような、
結構なボリュームの講座を作る時。

 

1つの大きなテーマを、
100分割するイメージです。

 

いきなり100分割も大変なので、
とりあえず三分割します。

 

『とりあえず三分割』は、
合言葉にしましょう。

 

大量の情報を整理する際に、
かなり有効な手法です。

 

で、教育系商品の場合は、
この三分割を、

ホップ・ステップ・ジャンプに
分けるとイイ感じでまとまります。

 

教育系商品というのは、
『成長』が満足度になります。

 

『ホップ・ステップ・ジャンプ』と、
『三分割』がマッチしてますよね。

 

僕の場合はこれに、
ファイナルジャンプを付け加えます。

 

つまり、
100動画をこんな感じで分けます。

・ホップ 25動画
・ステップ25動画
・ジャンプ25動画
・ファイナルジャンプ25動画

ここまでは、
ザックリでイイですよ。

 

この次に、
ホップはどんなカテゴリに?
ステップは?
ジャンプは?

という感じで、
それぞれ考えて行きます。

 

今日はそれを
やっていきましょう。

 

計4つの項目に分けたら、

ここで、
名前でも付けてみましょうか(*^_^*)

 

・基礎編
・応用編

とか何でもイイですが、
このあたりは遊び心です。

 

僕の場合は、
こんな感じの名前にしました。

・助走
・覚醒
・飛翔
・ビッグバン

ね?
カッコいいでしょ?(笑)

 

この100動画講座の
メインテーマはこちら。

==============

 好きなコトを仕事にして、

 毎月30万円以上の
 自動収益モデルを構築する。

 しかも、顔出しナシで。

==============

これを達成するためには、

・助走期間があり、
・覚醒して、
・飛翔して、
・最後は弾けましょう

という流れです。

 

で、
こういう教育系商品を考える場合、
内容の構成としては、

・理論
・方法

この2つがありますよね。

 

やはりまずは理論。
頭で理解する事が大切です。

 

ただ、それだけでは、
成果は出ません。

手を動かさないと。

 

手を動かすために、
方法を知る必要があります。

 

それが、
具体化されればされるほど、
手を動かしやすくなります。

 

そのため僕はいつも、
理論よりも、
方法の比重を高くします。

 

理論と方法を2つに分け、
方法の部分をさらに細分化、

あるいは追加するような感じですね。

 

・理論
・方法1
・方法2
・方法3

という感じ。

 

もうちょい細かくすると、

・理論
・方法1(概要)
・方法2(具体的な他人事例)
・方法3(具体的な自分事例)

という感じ。

これで4つになりましたよね。

 

こんなもんは、
時間かけて
細かくやるもんじゃありません。

 

ザックリ、ザックリ、
イメージを当てはめて行きます。

 

【助走】25動画
・理論

【覚醒】25動画
・方法1(概要)

【飛翔】25動画
・方法2(具体的な他人事例)

【ビッグバン】25動画
・方法3(具体的な自分事例)

 

ザックリ当てはめたものを、、
もうちょい細かく表現して行きます。

 

■理論とは?

最低限の『知識』という感じですね。

 

『マインドセット』
という表現を使う人が多いでしょう。

 

僕はマインドという言葉が嫌いなので、
あえて使わないようにします。

こういう「こだわり」も大事。

 

表現1つでも、
自分の信念の現れでもあります。

 

なので

『理論』は、
『起業に関する最低限の知識の取得』
という表現にしましょう。

 

■方法1(概要)とは?

ここでは、具体的な方法の
全体像を見せたいですね。

 

僕はオンライン講座
『2STEP起業プログラム』があります。

 

そのプログラムの流れが、
まさに成長の流れ、
収益化までの流れになってます。

 

なのでここで、
収益化までの流れを解説する事で、
プログラムの全体像を解説する事になります。

 

これによって後々、

「この流れをノウハウ化したのが、
 『2STEP起業プログラム』です」

というセールスが出来ますよね。

 

ちょっとこれは、
どこかのタイミングで解説しますが、

こういう講座を考えるのも、
自分の商品を考えるのも、

流れは全て一緒なんですね。

 

『一緒』というか、
『同時並行』というか。

 

「私には商品が作れません」
というのであれば、

今後、
無料プレゼントも
ステップメールも、
こういった企画も

何もかも、
「作れません」
って言ってるのと同じです。

 

全部、一緒に、同時並行で、
作っていくイメージです。

 

だから、
商品も“作れちゃう”
という感覚です。

 

これはまたどこかで
お話ししましょう。

 

というわけで、
『方法1(概要)』は、

『起業するための具体的な方法
(2STEP起業プログラムの概要)』

という表現にしましょう。

 

■方法2(具体的な他人事例)とは?

ここで、ザックリと決めたものを、
修正しましょう。

 

先ほどの項目で、
2STEP起業プログラムの概要を用意しました。

 

これもあくまでも概要なので、

本人からしたら、
「何から始めていいのかわからない」
という
状態になる可能性もありますよね。

 

なので、
ここでは実践的な
細かい行動の解説をしますか。

 

(具体的な他人事例)と決めましたが、
若干修正して、
実践方法を解説する項目に。

 

というわけで、
『方法2(具体的な他人事例)』は、

『自分の方向性を決めて実践
(2STEP起業プログラム実践編)』

という表現にしましょう。

 

■方法3(具体的な自分事例)とは?

ここは、
結構レベル高めな内容になります。

 

本来であれば、
ホップ・ステップ・ジャンプの
3段階でもまとまります。

 

ただ、そこから、
最後の羽ばたき的な内容を、
追加したいなという思いがあります。

 

これは、
僕にしか伝えられない内容を、
ここで持ってきてもイイと思ってます。

追加特典みたいな感じですね。

 

はじめは、
(具体的な自分事例)としましたが、
また修正ですね(^_^;)

 

最初はザックリ、
徐々に細かく詰めていく。

修正なんて当たり前です。

 

よりマニアックな内容を、
ここに持ってきましょう。

 

前の項目までで、
『2STEP起業プログラム』の
内容もある程度お伝えしてます。

 

プログラムの内容自体が、

STEP1:YouTube広告収入
STEP2:独自商品販売収入

という感じなので、
前の項目までで、
商品販売の解説まで終了してます。

 

なのでこの項目では、
より自分の商品を販売していくための
ノウハウをまとめる感じにしましょう。

 

これは結構マニアックなので、
僕にしか伝えられない内容もあります。

 

というわけで、
『方法3(具体的な自分事例)』は、

『自分の商品を拡散させる方法』
という表現にしましょう。

 

・・・

こんな感じで決まりましたね。

こうなりました。

【助走】25動画
起業に関する最低限の知識の取得

【覚醒】25動画
起業するための具体的な方法
(2STEP起業プログラムの概要)

【飛翔】25動画
自分の方向性を決めて実践
(2STEP起業プログラム実践編)

【ビッグバン】25動画
自分の商品を拡散させる方法

 

中々イイ感じですよね。

 

こんな感じで、

ザックリ分割して、
そこから名前を変更したり、
内容を細かく表現したりして、

詰めて行きます。

 

今日はこんな感じで。

 

次回は、

【助走】部分の25動画の
内容を決めてみましょう。

 

今日の記事が「いいね!」と思ったら、
ポチっとお願いします!

コメントを残す