被害者が加害者になる時

さて、ここ最近は、

お金について、今一度、見なおそう。

というテーマでお伝えしています。

 

これはつまりは、

自分に対しての
適切な教育投資金額が
わかるようになります。

 

僕の基準は、
ゴールは『起業』。

 

起業というのは

全くのゼロから
毎月安定的な継続収益モデルを、
自ら作る事が出来る。

という事です。

 

このゴールを達成するために、
適切な教育投資金額は、

『教材』が1~5万円。
『コンサル』が30万円。

という感じ。

 

これは販売者側の視点で、
出した金額です。

 

どういう事かというと、
販売者は『起業するための方法』
という教育系商品を作る際に、

市場の相場を計算するので、
上記のような金額に収めるからです。

 

この結果、
『起業』するための最低投資額は、
『教材』1~5万円で終了。

という事。

 

ただこれは、
よっぽど運が良くて、
よっぽど元々の能力が高い人の場合です。

 

大学受験で言えば、
塾や家庭教師もしないで、
学校の授業と参考書だけで、

自分で勉強して
名門大学に受かるような人。

 

中々いないですね。

 

だから僕は、
教材だけでなく、30万円クラスの
『コンサル』を受ける事をオススメします。

 

『教材』だけで済まそうと思うと、
ゴールまでの必要な
部分的なノウハウを、
新たに入れていかないといけません。

 

となると、
また、その部分的なノウハウの
教材を仕入れる事になると思います。

 

すると、
トータル30万円くらいは
行くと思います。

 

であれば、
最初から全てが網羅された
30万円コンサルを受けることが、
最も適切な教育投資。

という事になります。

 

で、
この『全てが網羅された』
というのがポイント。

 

なんでもかんでも、
教材に数万円、コンサルに
30万円払えば良いのかと言うと、
そんなわけはありません。

 

今回、僕がお伝えしている、
『最も適切な教育投資』というのは、

要は、
最低限に抑えた投資金額。

という事。

 

いくら投資が大切と言っても、
無駄な支出は避けたいですよね。

最低限の金額に抑えたいですよね。

 

なので、
最適な投資額であり、
最低限の投資額とも言えます。

 

この金額を投資すれば、
もう終了という事です。

 

では、
その『投資先』は
どうすればよいか?

 

ここまでの流れからすれば、

最低限の投資をすれば、
確実にゴールに辿り着ける。

という事。

 

それが理想。

 

だから、
そういう投資先を探せばよいのです。

 

ここ重要ですよ。

自分で考えて、
自分で情報を取りに行くのです。

 

毎日毎日、メールボックスに、
流れるように届くメルマガを見ながら、

教材をたまたま見つけたり、
コンサルをたまたま見つける。

 

そういった受動的な
情報の受け取り方は止めましょう。

 

もう基準はわかりましたよね。

『毎月継続収益が上がるモデルを
 自分で作る事が出来るようになる』

そんな内容で、
教材なら1~5万円。
コンサルなら30万円。

 

トータルでそれ以上かかるようならば、

本来であれば
最適な投資額以上の支出をしている。

という事。

 

今一度、見直します。

 

そして今度は、
この基準を元に、
自分で情報を取りに行きましょう。

 

では、
投資先をどうするか?

 

もう少し具体的な考え方を
お伝えしましょう。

 

塾やコンサルの相場は
金額は30万円、
期間は6ヶ月ほどでしょう。

 

内容の判断基準は、

『毎月継続収益が上がるモデルを
 自分で作る事が出来るようになる』

という部分。

 

これが達成できるかどうか。

そういう基準で
塾の内容を確認しましょう。

 

例えば僕の場合、
起業前、大した収益も出てない頃、

 

A.
ビジネスのトータル的な塾
無期限、15万円

 

B.
Twitter関連の塾
6ヶ月20万円。

 

C.
Facebook関連の塾
6ヶ月19万円。

 

このあたりの、
高額の塾やコンサルに入りました。

 

正直、長い目でみれば、
これら全て、自分のためになってるし、
良くも悪くも色々なものを学びました。

 

投資先として正解と言えます。

 

ただ、今の僕からは
オススメはしません。

 

何故かと言うと、

『毎月継続収益が上がるモデルを
 自分で作る事が出来るようになる』

という内容ではなく、

その塾内でしか通用しないもの。
その塾内で完結するようなもの。

そういうコンテンツだからです。

 

Aに関しては、
ビジネスのトータル的な内容ですが、
これは実は、詐欺でした(^_^;)

 

その講師をネットで検索したら、
もの凄い書き込みが出てきます。

 

僕ら塾生は、
講師の収益源のために作業してきた。

というような内容。

 

ただ、ここで学んだ事のおかげで、
僕は、トータル30万くらいは
収益出したんですけどね。

 

BとCがまさにそう。

それぞれ、
Twitterで稼ぐ塾。
Facebookで稼ぐ塾。

 

言い換えれば、
Twitter“のみ”で稼ぐ塾。
Facebook“のみ”で稼ぐ塾。

 

確かに、
TwitterもFacebookも、
未だに人気のある市場なので、
ビジネスチャンスはあるのですが。

 

塾で教える内容というのは、
非常に狭い範囲での
ノウハウしか教えません。

 

Twitter“のみ”で稼ぐノウハウ。
Facebook“のみ”で稼ぐノウハウ。

 

なので、
より狭い範囲を狙うので、
TwitterやFacebookもすぐに規制をします。

 

そしてそのノウハウが
通用しなくなります。

 

もちろん、
きちんとした塾であれば、
通用しなくなった時に、
素早く対応して解決策を出します。

 

ただ、結局は、
規制⇒抜け道対策の繰り返し。

いたちごっこです。

 

そして、
塾には必ずサポート期間があります。

 

いたちごっこをやってる間に、
サポート期間終了です。

 

こうして、
サポート期間が終了した結果、

自分に残ってるものって
一体なんでしょうか?

 

Twitter“のみ”で稼ぐノウハウ?

Facebook“のみ”で稼ぐノウハウ?

 

でもそれ、
今はもう規制が入って、
使えないんですが。。。

 

20万~30万
投資したはずなのに、
何も残っていなかったら、

それは完全に、
投資ではなく消費です。

 

でも実はこれは、
『仕方ない』って思います。

 

販売側の視点で考えてみましょう。

 

販売側が真剣に
教育系教材を作ろうとすると、
基本的に割に合わないのです。

 

昨日もお伝えしましたが、
例えば僕が起業するまで、

費やした時間:5年以上
これまでの投資額:150万円以上

 

これを全てコンテンツ化したら、

一体いくらの
商品価格になるでしょうか?

 

でも市場の相場は約30万円。

 

だったらその価格設定をしたら
割に合わないですよね(^_^;)

 

販売側からしたら割に合わない。

更に言うと、
購入者側の気持ちは、
「楽して稼ぎたい」
という人達が一番多い。

 

となると、

『まずはTwitterをやりましょう。
 実はTwitterをやると、
 ビジネスに大切な
 本質を学ぶ事ができます。
 
 その本質を学び、
 さらに応用を効かせると
 毎月継続収益が上がるモデルを
 自分で作る事が出来るようになる』

なんて事言っても、

「なんか面倒くさそうだな~。
 俺はもっと楽して稼ぎたいんだよ。」

となります。

 

だから販売側は、

『Twitter“のみ”で稼ぐノウハウ』
というように、

範囲を狭めます。

 

そっちの方がわかりやすくて、
売れやすいからです。

 

どうでしょう?

 

これが、
『ネットビジネス』
という業界です。

 

別に販売側が
悪いわけではありません。

 

僕から言わせれば、
購入者側も似たようなものです。

 

要は、
どっちもどっち。

という状態で
成り立っている市場なのです。

 

で、
どうでしょう。

 

こういう市場における、
販売者側になりたいですか?
購入者側になりたいですか?

 

僕はどっちにもなりたくありません。

 

僕は現在、販売側の立場ですが、

こういう販売者になりたくないですし、
こういう購入者に来てほしくありません。

 

なので、
ここ最近、
販売者側の視点での考え方を伝え、

今一度、お金の使い方について、
考えて欲しいと思ってます。

 

相変わらず
長い記事になってしまったので、

今日もここで終了します。

 

明日こそ、完結する。

・・・と思います(笑)

 

今日僕が言いたかったのは、

「『ネットビジネス』で稼ぎたい!」

という気持ちはわかります。

 

ただ、
『ネットビジネス』という業界の
狭い範囲だけを見てると、
自分の理想を手に入れる事は出来ません。

 

今までたくさんの投資をしてきて、
でも結果がともなっていない。

 

もし自分が
『被害者』という意識があるのであれば、

このままの状態で万が一、
自分が収益を上げる立場になった時、

自分は『加害者』になったという事です。

 

だって、
狭い狭い同じ『ネットビジネス』の
業界にいるのですから。

 

だから僕が伝えたいのは、
視野を広くして、
情報を取りに行く事。

 

投資金額と投資先の内容を
今日ある程度お伝えしましたよね。

 

そうやって視野を広げて、
自分から情報を取りに行くと、
本当に素晴らしい商品というのがあります。

 

それは、、、

僕の商品だけです!

 

なんて
わかりやすい誘導はしません(笑)

 

明日は、
その具体的な商品のジャンルを
ビシっとお伝えします。

 

これだけに、きちんと投資をして、
きちんと実践をすれば、
必ず成果が出るというジャンルです。

 

僕の商品は、
そのジャンル内にあるというだけ。

 

だから僕以外の商品でも
素晴らしいものはたくさんあります。

 

その中から選べば良いです。

 

ただ、
その中から最も良い物を選ぶと、

間違いなく
僕の商品になるんですけどね(笑)

 

それは明日のお楽しみです♪

 

今日の記事が「いいね!」と思ったら、
ポチっとお願いします!

コメントを残す