メール対応という『シゴト』

昨日は東京では初めてのセミナー。

 

参加者は全員、
僕の読者なので、
お会いできて嬉しかったです!

 

今回も僕が結構、
喋りすぎてしまい、、、

もうちょっと会話が出来たら
良かったんですが(^_^;)

 

ではでは、昨日のセミナーで
質問があった内容を、

今日は共有したいと思います。

 

「アラシさんは現在
1日のお仕事のメインは
どんな事ですか?」

というようなご質問。

 

そこで僕の返答は、

「メールばっか書いてます」

でした。

 

これも、
実はかなり重要なので、
今日のテーマにしました。

 

今僕は、
『2STEP起業プログラム』
という起業支援のオンライン講座を
運営しています。

 

そのため、
毎日の仕事といえば、

スクール生の
質問メールに対する返信。

 

無料のメール講座の
受講生の質問メールに対する返信。

 

あとは、
最近は毎日書いているこのメールと
同じ内容のブログ記事の更新。

 

それと、
その他ステップメールを作ったりと。

 

こんな感じで、
メール関連を毎日毎日
書いてる感じですね。

 

こう見るとひょっとしたら、

「大変だな~」

って思うかもしれませんが、

逆に言うと、
こうやってメール書いてるだけで、

このモデルだけで
毎月100万円以上の売上を作れるので、

「楽だな~」

と正直思います。

 

また、こうやってメール書くのが、
僕はかなり楽しいんですね。

 

これも、すごく重要。

 

何故、楽しいかというと、
お客さんの声を
リアルに聞く事ができるからです。

 

「お客さん」
というのはこの場合、

『顧客』と『見込客』

2パターンあります。

 

顧客というのは
スクール生ですね。

すでに僕のサービスを
買ってくれた方。

 

顧客に関しては、
僕のサービスに対して、

どのような反応があるのか?

わかりにくい所はどこか?

わかりやすいのはどこか?

 

どこでつまづいて、
どこで挫折してしまうのか?

 

どのような質問が来て、

それに対して僕は
どのような返答をするのがベストなのか?

 

顧客の声を
リアルに聞くことができ、

それに対応する事がで、
僕自身が成長できます。

 

「僕が成長する」というのは、

イコール

「新サービスが追加される」

という事です。

 

僕らのような
教育系のビジネスというのは、

指導者が成長すればするほど、
指導するコンテンツが追加されるという事。

 

サービスの質の向上ですよね。

 

そして、見込客というのは、
まだ僕のサービスは買っていない方。

 

このような方とも

僕は頻繁に
メールのやり取りをしています。

 

これもかなり重要。

 

僕の無料メール講座を
受講しているという事は、

起業を目標にしていたり、
お金を稼ぐ事に興味があります。

 

そういう方々が、
今、どんな事で悩んでいて、

どんなところで
行動が出来ていないのか。

 

こういう声を
リアルに聞く事ができます。

 

これも結果的に
サービス向上に繋がります。

 

教育系ビジネスというのは、
要は『問題解決サービス』です。

 

どんな問題があるのか?
その問題の解決方法は何か?

 

このワンセットが
そのままサービスになります。

 

これを的確に形にして、
サービスの質を高めれば、
起業を目標としている人達の
役立つモノになりますよね。

 

見込客とメールのやり取りをするのは、
そうい意味があります。

 

だから、
メールばっか書いてる事が、

そのまま商品作りに
直結しているという感じです。

 

これはどんなビジネスでも
「お客様の声」を聞くのは

とっても大切な事です。

 

いくら自分が良いサービスを作っていても
お客さんがどういう反応をしてくれるのか。

 

自分の考えと
お客さんの意見をすり合わせるためにも

声を聞く機会を作るのは大切ですよね。

 

というわけで僕は今後も
定期的に「お客様の声」を
頂きたいと思ってます。

 

これを機に、
何か僕に聞きたい事がありましたら、
気軽にご連絡頂けたら嬉しいです♪

⇒ お問合せフォームはこちら

 

今日の記事が「いいね!」と思ったら、
ポチっとお願いします!

コメントを残す