大前提は独自ノウハウ

ビジネスで成果を出すために
どんな事が大事なんでしょう??

 

今日はそんなお話。

 

一つだけ、
大前提となる『心構え』があると思ってます。

 

それは、

「自分でノウハウを生み出そう」

という気持ちです。

 

これはホント、大前提。

 

ただ、ここには、
この業界ならではの『矛盾』があります。

 

その矛盾とは、
ノウハウ販売者は

「私の言う事を聞きなさい」

と言います。

 

しかし、
成果を出すためには
自分のやり方をしなければいけません。

 

なんともまぁ、、、
『矛盾』してますよね。

 

でも、どちらも理由があるので、

その理由をしっかり把握した上で、
実践をすれば何も問題ありません。

 

まず、ノウハウ販売者が

「私の言う事を聞きなさい」

というのは、

半分本当で、
半分はマインドコントロールです。

 

つまりは、

「私の言う事を聞きなさい」

「私のノウハウを買いなさい」

という事。

 

自分のノウハウを販売したいので、
こう言うのは当然です。

 

もちろん、
僕もそう言います。

 

これって言わば、
マインドコントロールですよね。

 

ただ、残り半分は本当です。

 

はじめっから
自己流でやって成果を出している人は
ほぼほぼいないです。

 

自己流で上手く行ってる人は、
とっくに成果を出してるので、
僕らは出会わないですよね(^_^;)

 

そのため、はじめは必ず、
誰かから教わるべきなんです。

 

しかし、最初から最後まで
他人に教わっていると、
これまた、成果は出ません。

 

これも普通に考えれば当然。

 

ラーメン屋でも
店によって味が違うように、

同じビジネスモデルでも
自分自身が他との『違い』がないと、
成果は出ないですよね。

 

これと同じ。

 

リアルに限らず、
ネットを使ったビジネスでも

『アフィリエイト』
というジャンルでも

それは同じなわけです。

 

なので、

「自分でノウハウを生み出そう」

という心構えは、
大前提になるのです。

 

では、どの段階まで、
人から教わり、

どの段階から
自己流で行くのか。

 

これは正確に言うと、

どこかの『段階』で
その人から
離れるというわけではありません。

 

最初から最後まで
その人から教わるべきですし、

最初から最後まで
自己流でやるべきなのです。

 

これまた、なんという
矛盾した表現なのでしょうか(^_^;)

 

詳しく説明しますね。

 

ビジネスというのは、

基本的には、
非常にシンプルな構成になってます。

 

本質部分というやつですね。

 

この部分を理解している人が、

その人なりの表現の仕方で、
違ったように見える
ビジネスを展開しているだけなのです。

 

つまり、その人から教わるのは、
本質部分のみ。

 

ここは、ある意味、
『先生』と『生徒』の関係。

 

ただこれは、
たとえば教材でまとめてしまうと、

数ページや
なんなら数行で終わってしまうような、
ボリュームなのです。

 

所詮、本質というのは、
そういうものなので。

 

しかしその本質を理解して、
本当に自分のものとして、染み込ませるには、
実践をしていかないといけません。

 

そこはもう既に、
『自己流』になります。

 

ただ、実践の中で、
本質が理解したつもりでも、

身に付ききれていない。

 

そこで、
改めて本質の確認、
軌道修正の指導等、

本質を学んだ人から
得られるようにします。

 

ここはもう、
『先生』と『生徒』の関係ではなく、
『パートナー』のような感じ。

 

こうして、
その人との関係が、
長く築き上がっていきます。

 

守破離というコトバがありますが、

『破』だろうが
『離』だろうが、

その人との関係が終わるわけでは
ないんですよね。

 

そういう人が、
『メンター』と呼ばれる人だと思います。

 

僕はそんな言葉使った事ないし、
意識した事もないですが、

みんな使ってるので、
そうなんだろうという感じです(^_^;)

 

ちょっと話が
話がズレて来ましたが、

つまりは、はじめから

「自分でノウハウを生み出そう」

という気持ちを持つ。

 

そして、人から本質を学ぶ。

 

実践しながら
引き続き人から学び続ける。

 

そうやっていくと、
成果は必ず出ます。

 

「自分でノウハウを生み出そう」

という気持ちがなければ、

日々の気付きもないし、
アイデアも出ません。

 

自分独自のモノが、
何一つ生まれない。

 

それでは当然、
成果は生まれないですよね。

 

是非、参考にしてみてください。

 

今日の記事が「いいね!」と思ったら、
ポチっとお願いします!

コメントを残す