売上3ステップ

昨日、継続収入の
作り方についてお話しました。

 

僕の指導は常に、
全体像を把握してから
現在の部分的な作業をする。

そういう事を徹底してます。

 

なので、
初心者であっても
中級者であっても

把握すべき全体像は同じです。

 

そこが把握できていないと、
初心者は現在の作業を
続けられないと思ってますので。

 

その全体像を
今日はお伝えします。

 

一言で、

「お金を稼ぐ」

と言っても、段階があります。

 

『売上』について。

 

売上には、

1.売上を作る。

2.売上を増やす。

3.売上を継続させる。

大きくこの3つがあります。

 

ゼロから始める時はもちろん、

『1.売上を作る』

ところからスタート。

 

ですが、

その段階からでも
1.2.3.全ての段階を
把握しておくべきです。

 

これが全体像。

 

今日はこの3段階を
ざっくりお伝えします。

 

1.売上を作る

まずこれは
全くのゼロから売上を作る段階。

この時考えるのは、
商品を1つ用意。

そして、成約率を上げる。

という事。

これに集中します。

 

成約率を上げるというか、
現在まだ売上はゼロなので、

どうやって成約させるか?

に全力を尽くす。

という感じですね。

 

用意した商品1つを、
どうやって買ってもらうか。

 

このゴールを元に、
逆算して考えます。

 

まずは1人。

 

1人達成すれば、
次に上がれます。

 

2.売上を増やす。

1人が売れたら
次のステップです。

 

ここは、

・売上=顧客単価×顧客数
・複数商品を準備

この2つを考えるだけです。

 

実際に1人が売れたのであれば、
データが出ます。

 

何人にアプローチして
1人が成約できたのか。

成約率ですね。

 

この成約率を元に、
集客数の母数を上げる方法を考えます。

 

売上を2倍にしたければ、
顧客数を増やせばいいので。

 

しかしここで、
集客だけに頼ると限界が出来てきます。

 

これを分かっている人が
意外に少ないと思います。

 

『売上を増やす』

最も効果的な方法は、
『顧客単価』を上げる事です。

 

で、顧客単価を上げると、
値上げをするのか?

と思うかもしれませんが、
それだけではありません。

 

例えば、
1人のお客さんが
単価1000円の商品を購入してくれました。

 

この時の顧客単価は
1000円。

 

そのお客さんが今度は、
単価500円の商品を購入してくれました。

 

つまりは2つの商品を
購入してくれたのです。

 

これは結果的に顧客単価が
1000円から
1500円に上がったという事。

 

これは正確には
『顧客生涯価値』と呼ばれますが。

小難しいコトバは置いといて。

 

1人のお客さんが
1つの商品だけでなく
2つの商品を購入。

 

あるいは同じ商品を購入すると、
顧客単価は上がります。

 

1つの商品を値上げするのではなく、
複数商品を購入してもらうと、

顧客単価を上げる事ができるのです。

 

これが、効果的な
『売上を増やす』方法です。

 

そしてラスト。

3.売上を継続させる。

 

これは、
前回お伝えしましたね。

 

新規でお客さんが
集まり続ける仕組み。

既存のお客さんが
購入し続ける仕組み。

この2つです。

 

後者の場合は、
当然、商品を見直す必要があります。

 

商品が消耗品なら
簡単に可能ですよね。

 

商品がなくなれば、
再度購入してくれます。

 

しかし商品が消耗品でない、
サービス商品。

 

コンサルや教育系教材とかが
そうですよね。

 

その場合は、
常に商品を改善、
進化させる必要があります。

 

ただ、それも
そこまで難しい事ではなく、

ビジネスであれば
当たり前の仕事です。

 

常にお客さんの声を聞き、
修正、改善の努力を続ける。

 

そうやって、新しい商品が生まれ、
それをまた購入してもらう。

 

コンサルのような
教育系のサービスの場合は、

自分自身の進化が
そのまま新商品になります。

 

だから常に、
自分を進化させる。

 

これも当然の仕事ですよね。

 

以上のように、
この3段階を
常に全体像として
イメージしておきましょう。

 

そして、実際に
その段階ごとで
取り組む事、考える事は
シンプルなものばかり。

 

しかし
その段階ごとで
やるべき事、考える事は違います。

 

ここにしっかり気づいて、
対策を打てるようにしましょう。

 

今日の記事が「いいね!」と思ったら、
ポチっとお願いします!

コメントを残す